サッカーで必要なシュートテクニックのポイント

サッカーでは、ドリブルにいろいろなテクニックがあるようにシュートにもいろいろな蹴り方があります。

ゴール前での豪快なシュート、華麗なテクニックで決めるシュートなど蹴り方によって様々なシュートがあります。

少しでもシュートテクニックを磨き、点の取れる選手になるにはどのようなポイントがあるでしょうか?

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

いろんなキックでシュートを狙う!!

サッカーでは、シュートと言うとインステップキックをイメージすると思います。

インステップキックなら他の蹴り方より、強いシュートを蹴ることもできるし、遠い距離からでもゴールを狙うことができます。

しかし、サッカーでは他にもいろいろなボールの蹴り方があり、それぞれ使い分けることでシュートのテクニックに加えたいものです。

インサイドキックはサッカーで初めに教わるパスのテクニックですが、場所によってはシュートにも使うことができます。

例えば、ゴール前(ペナルティエリア内)では、インステップキックの強烈なシュートもいいですが、強すぎてゴールを外れてしまうこともあります。

その点インサイドキックは、特別なテクニックも必要なく、パスに使われるように正確性を重視して自然と蹴ることができ、ゴール前では強いシュートじゃなくても、しっかりシュートコースを狙って蹴ることで得点に繋がります。

また、アウトサイドキックやヒールキックのようなテクニックもゴール前のように混戦しているエリアでは非常に有効です。

キックのモーションが分かりにくく、キーパーやディフェンスにシュートフェイントのような形になるからです。

また、チップキック(つま先でバックスピンをかける)のテクニックもキーパーとの1対1などでは役に立ちます。

でもこのようなシュートは、インステップやインサイドに比べるとミスの多くなる蹴り方なので、試合で使うためにはしっかり練習をすることです。

自分の得意なシュートテクニックやポイントを作る!!

サッカーでは、得点を取らなければ試合に勝つことはできません。

そのため、選手によっては自分の得意なシュートテクニックやポイントを持っている選手もいます。

例えば、ゴールに向かって左のペナルティエリアの角から右足でゴールに向かって右サイドを狙うテクニックです。

強いシュートではなく、インフロントキック(足のやや内側)でカーブをかけて蹴るため、シュートもキーパーの手の届かない所から曲がってくるので防ぎようもなく、かなり高い確率でゴールを決める選手もいます。

他にも自分の得意なシュート角度があって、常にその付近でボールが受けられるように動きを計算している選手やサイドのスペースでパスを受け、縦に抜け出すのではなくゴール前に切り込んでシュートを狙うテクニックを持っている選手もいます。

フリーキックも同じで自分の得意としているポイントを持っていて、少しゴールまで角度があればインフロントキックでカーブを掛けたり、ゴール前では強烈な無回転のシュートを蹴る選手もいます。

特にプロ選手は、自分のテクニックを駆使して得点を狙います。

守備の選手が失点をしないようにテクニックを磨くように、攻撃の選手は得点を取るテクニックが高くなければ、試合に出る機会も少なくなります。

プロの選手じゃなくても試合に勝つために自分のストロングポイントを見つけることも重要です。

まとめ

サッカーで必要なシュートテクニックとして、まずはいろいろなキックを使えるようにしっかり練習をすることです。

蹴り方もただ蹴る練習をするのではなく、自分はここでボールをもらったら絶対シュートを決めるというポイントを作ることです。

ただ、シュートを打つのと自信を持ってシュートを打つのではゴールの確率も大きく変わってくるはずです。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする