サッカーでパワーのあるシュートを打つコツ

私が子供の時に地元でプロの選手によるサッカー教室がありました。

シュートのデモンストレーションでプロの蹴ったシュートがネットに勢いよく突き刺さったのを見て、とても興奮したのを覚えています。

アニメのようなすごいパワーのあるシュートを簡単そうに蹴る姿を見て、プロはこんなに凄いのかというのを肌で感じました。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

シュートまでを意識する!!

サッカーで、パワーのあるシュートを意識して最初から力んでしまうと、余計な力が入りうまくボールをミートすることができなかったり、うまく蹴り足を振り抜くことができません。

まずは、力まずミートをするトレーニングを繰り返しすることです。

練習では、止まっているボールを蹴るのでプレッシャーなくパワーのあるシュートを蹴る練習ができますが、サッカーの試合では、常に自分も動きながら、ボールも動かしながらのプレーなのでその状態でも、しっかりボールをミートすることができなければ意味がありません。

シュートだけではなく、他のプレーでも同じですが自分の足元にボールをコントロールしてしまうと、どうしても下を向いてボールを確認しなければいけなくなり、次のプレーがワンテンポ遅れてしまいます。

そのため、ボールは常に自分の目線に入るようにコントロールすることです。

そして、ボールを蹴るインパクトの瞬間に「足首をしっかり固定すること」です。

サッカーで、パワーのあるシュートを打つためには、ミートの瞬間に足首に力が入っていない状態でボールを蹴ってもせっかくの力が最後でボールに伝わりません。

例えば、サッカーボールをバウンドさせます。

砂場の場合は、ボールの力を砂が吸収してあまりボールは弾みませんが、コンクリートのような硬い所では力が反発しボールは高く弾みます。

これと同じくインパクトの瞬間に足首が固定されていないと力は伝わらず、パワーのあるシュートにはなりません。

そして、その蹴った足をしっかり最後まで振り抜くことも力を伝えるために重要なことです。

パワーのあるシュートを打つために重要なポイント!!

子供の頃に弓矢で遊んだことのある人は、わかると思いますが弓の本体に「しなり」がないと矢は勢いよく飛びません。

それと同じくボールを蹴る時に、体をしっかりしならせないとパワーのあるシュートはできません。

体をしならせるには、上半身のひねりや股関節の可動域を広げることです。

体を大きく使ってボールを蹴ることができれば、体全体のパワーをボールに伝える事ができます。

イメージとしては、しっかり胸を張って腹筋と脇腹を意識しながら腰を回転させ、蹴り足を大きく振り上げて、そのままボールを押し出すように振り抜くのです。

普段なかなか上半身のひねりや股関節の動きを意識することがないと思いますが、この動きがサッカーでパワーのあるシュートを生み出すのです。

まとめ

サッカーでパワーのあるシュートを蹴るには、まずボールをしっかりミートできるようになることです。

そして、体全体を大きく使ったしなりを意識しながら、ボールを蹴るインパクトの瞬間にしっかり足首を固定して振り抜くことがパワーのあるシュートを蹴るためのポイントです。

少年サッカーの年代ではたくさんボールを蹴ることがとても重要です。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする