サッカーでバックスピンをかけたシュートのポイント

サッカーで強烈なシュートがゴールに突き刺さるのは見ていても凄く気持ちいいです。

サッカーでシュートと言ったら、これだけではありません。

ゴール前でのキーパーとの1対1で飛び出してくるキーパーに対して、ボールをフワッと浮かしてキーパーの頭上を抜き、ゴールを決める場面もあります。

豪快なシュートもいいですが、このようにバックスピンを使ったテクニックのシュートもサッカー観戦の醍醐味です。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

バックスピンのかけ方!!

サッカーでバックスピンを使ったシュートにチップキックがあります。

チップキックは、インステップキックよりつま先でボールの下をすくい上げるような感じでバックスピンをかけて蹴ります。

この時、足首は伸ばさないで90度くらいに曲げた状態で、ボールの下につま先を滑り込ませるように蹴ります。

軸足をボールの横に踏み込んでしまうと、うまくボールが浮かないのでボールの少し後ろに踏み込みます。

そして、上半身を前かがみにするとボールが浮かないため、上半身はしっかり起した状態にするとボールが浮くようになります。

蹴り足については、インステップキックなどのシュートやパスと違い大きく振り抜くのではなく、膝から下を軽く振り上げてそのままボールの下につま先を滑り込ませます。

バックスピンをかけるポイントは、大きく振り抜かないということです。

つま先がボールの下に入ったところで蹴り足のスイングを止め、足の裏で地面を削るようボールを上にあげる感覚です。

シュートに活かすバックスピン!!

バックスピンをかけるチップキックは、他のインステップキックなどのように足がボールに接する部分が少ないため簡単に蹴ることはできません。

このようにミスの多い難しい蹴り方のため、ましてゴール前の最もプレッシャーのかかる場面で使うためには、しっかりとした練習が必要です。

この蹴り方を使えるようになれば、キーパーとのゴール前の駆け引きでも有利になります。

キーパーは守備の選択肢も増えることで、飛び出すと頭上を躱されたり、頭上を警戒していて飛び出さなくてもゴールへの距離を詰められてしまい、失点の可能性が高くなってしまうからです。

このバックスピンを使ったチップキックの練習は、まずバックスピンの感覚やボールを浮かせる感覚を身に付けることです。

そして、サッカーの試合で使うためには更に、動きながらこの蹴り方ができなければいけないので、ドリブルをしながらコーンの前でチップキックをして、「バックスピンがかかるか」や「ボールをしっかり浮かすこと」ができるように練習することです。

バックスピンは、他のシュートにも使うことができます。

インフロント(インサイドよりつま先側)キックで、ボールの中心より下の方を蹴るとバックスピンがかかります。

チップキックとは違い、足を振り抜いて蹴るので飛距離や威力があり、ボールがバックスピンの影響で下から浮き上がるような感じになります。

ただし、この蹴り方だとゴールを超えてしまう確率が高いので、比較的ゴールに近い位置かシュートが高く浮かないように意識する必要があります。

まとめ

サッカーで、バックスピンをかけたシュートにチップキックがあります。

この蹴り方は、つま先でボールの下に足を滑り込ませ蹴ると言う難しいボールタッチになるため、普段の練習から実戦で使えるように動きながら練習する必要があります。

バックスピンを使ったシュートはキーパーの意表をつくようなプレーになり、身に付けることで大きな武器になります。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする