サッカーで高度なフェイントキックのラボーナのコツ

サッカーでは、簡単なボールタッチを使ったフェイントやスピードを使ったフェイント、足技を駆使したフェイントなどドリブルフェイントにもたくさんの種類があります。

同じようにボールを蹴る時にも、キックフェイントがよく使われますが、相手の意表をつき高度なテクニックを必要とする「ラボーナ」という蹴り方があります。

では、このラボーナという蹴り方はどのような蹴り方なのでしょうか?

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

ラボーナとは!!

サッカーの「ラボーナ」というフェイントは、サッカーのフェイントの中でもかなり難しいテクニックです。

サッカーのラボーナというフェイントキックは、蹴り足を軸足の後ろを通してボールを蹴る方法でミスをする確率も高く難しい蹴り方です。

そもそもラボーナとは、スペイン語で「ずる休み」という意味らしく、最初にこのプレーをした選手から付いたようで、その蹴る時のフォームから「クロスキック」とも言われていたようです。

今では、「ラボーナ」という言い方をよく聞きます。

ラボーナのポイントと使いどころ!!

では、ラボーナの蹴り方を詳しく説明すると、まず蹴り方が難しいためボールの動きをしっかり見定めることが大切です。

軸足は、ボールの真横か少し前に踏み込み、蹴り足を軸足の後ろを通してボールを蹴ります。

ボールを蹴った後は、体勢が傾きバランスを崩しやすいので軸足でうまくボディバランスをとる必要があります。

まず、最初のポイントとしては、軸足の位置です。

普通のキックなら基本ボールの横でいいのですが、ラボーナは軸足と蹴り足をクロスして蹴るため、踏み込みが遠すぎるとうまくボールを捉えることができません。

軸足は、蹴り足をクロスしてボールを蹴るため、膝をかるく曲げて重心を落とすことで体勢が安定し、強いボールも蹴ることができます。

そして蹴り足は、インステップキックとアウトサイドキックの間くらいで、ボールの真ん中より少し下辺りを足を地面と並行(インステップキックをボールに対して横向き)にミートすることです。

サッカーの中でラボーナは、相手からのプレッシャーで自分の利き足が使えない時や相手の意表をつくフェイントキックとして、パスやシュートに使われます。

例えば、サイドからのドリブル攻撃で切り返してラボーナでセンタリングを上げたり、ゴール前でラボーナでシュートをしたり多様なプレーに使えます。

サッカーを見ていて、海外のサッカーではラボーナを使ったプレーをよく見ることがありますが、日本のサッカーを見ていてもラボーナを使ったプレーは見たことがありません。

理由としては、日本の選手はプレーの確実性を重視します。

サイドからのセンタリングでも切り返して逆足でセンタリングをするのが当たり前になっています。

シュートもゴール前で自分がシュートを打つことができなければ、より確実な味方へのパスを選択します。

ラボーナのようなミスをする確率が高く正確性に欠けるプレーであれば、自分の評価も下がり、それよりも逆足や確実性を重視したプレーを選択するのが日本の選手です。

海外のプレーと日本のプレーどちらが良いか正解はありませんが、ここに日本と世界の差があるのかもしれません。

海外のプレーは、ミスにもつながりやすいですが成功すればビックプレーと言われます。

そしてそれを成功させるという自信も持ってプレーしています。

どうしても日本のチームでは、より確実なプレーをする選手が選ばれるという傾向が強いですが、海外の選手のようにビックプレーをするような選手が増えてもいいと思います。

まとめ

サッカーで高度なフェイントキックのラボーナは、軸足に対して蹴り足をクロスして蹴るとても難しい蹴り方です。

試合で成功させるためには、しっかりと練習をして感覚を掴むことが重要です。

今は、あまり日本でラボーナのようなフェイントをサッカーで観ることが少ないですが、日本でもこのようなプレーができる選手が増えても悪くないと考えます。

サッカーには、いろいろなテクニックがあり、確実なプレーを重視したサッカーだけでなく、魅せるプレーが更に日本選手の可能性を広げるのではないかと考えます。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする