サッカーでファーストタッチ向上のための練習メニュー

サッカーの試合をテレビで観ていて感じることは、海外と日本のサッカーの違いです。

日本は、足元にしっかりボールを収めてから次のプレーを意識する選手が多いですが、海外では最初のボールタッチ(ファーストタッチ)からいかに相手のゴールに近づくかをイメージしています。

ここが日本と海外とのサッカーの1つの差ではないかと感じます。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

次のプレーをイメージする!!

サッカーでファーストタッチは重要なプレーの1つです。

ボールのコントロール1つ1つが、次のプレーに大きく影響します。

サッカーでボールを蹴るのと同じように、「ボールを止める」、「コントロールする」という練習メニューは必ず取り入れます。

サッカーで、ボールを止めることを「トラップ」と言います。

まずは、自分に来たボールを足元にしっかりトラップして、コントロールすることはとても重要なプレーです。

このプレーは、簡単なように見えて実は難しく、ボールの状況(強さやゴロや浮き球など)に応じて微妙にボールタッチをコントロールしなければならず、ボールを蹴るのと同じく何度も練習することが重要です。

そして、よくサッカーの中でファーストタッチが重要と聞きますが、「ファーストタッチ」というのは、自分にきたパスを流れの中でコントロールして次のプレーへ移行することです。

ボールをコントロールする際の次のプレーに繋がる最初のタッチ(ファーストタッチ)ということです。

サッカーでは、このファーストタッチは非常に重要で、このコントロールで次のプレーをいかに自分の有利な状況に繋げるか大きく影響します。

例えば、サッカーの練習メニューでもパスの練習では、始めは足元にしっかりボールを「止める」ことを教えますが、そこができたら自分の思うところにボールをコントロールする練習メニューに移ります。

これは、まずはしっかり足元にボールを止めることができなければ、自分の思い通りにボールをコントロールすることはできないからです。

パスの練習メニューでは、マーカーを近くに置き受けたパスをファーストタッチでマーカーにコントロールして、そのままプレーを止めずスムーズにパスを返す練習をします。

シュートの練習メニューでは、並べたコーンやマーカーをドリブルで躱して、マーカーから少し離れたところに1人立たせてパスを出し、そこからのリターンのパスを更にファーストタッチでコントロールします。

ゴール前にも1人ディフェンスを立たせて(最初はボールは奪わずコースに立つ)、ファーストタッチで相手を躱してシュートをします。

パスの受け方やリターン、シュートを打ちためのファーストタッチは、少しのミスで相手に奪われてしまうので、しっかり周りを見てコントロールし、ファーストタッチでしっかり自分のイメージ通りにコントロールできるようになることです。

大事なのは前を向く意識!!

サッカーで最も重要なのは、点を取ることです。

点を取るということは、相手のゴールに向かって、どれだけプレーすることができるかが重要です。

サッカーではパスを受ける時に、プレッシャーのない状態では簡単に前を向くことができますが、ゴール前やその近くでは相手のプレッシャーも厳しくなり簡単に前を向くプレーすることはできません。

そこで重要になるのがファーストタッチです。

ボールを受ける際に、どれだけ速く前を向けるかは、このファーストタッチをいかに自分の思ったところにコントロールできるかがカギになります。

常に相手の動きを確認しながら、自分でスペースを作り出し、そこにファーストタッチでボールをコントロールしてゴールを向くことでパスやシュート、ドリブルなどに繋げることが重要です。

まとめ

サッカーでファーストタッチを向上するための練習メニューは、まずはしっかり足元にボールをコントロールできるようになることです。

そこからパスやシュートなどの練習メニューの中で、自分のイメージ通りにボールをコントロールするファーストタッチの練習を入れることです。

常に相手のゴールを向く、前を向くイメージを持ってプレーすることが、ファーストタッチの向上やゴールに繋がると思います。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする