サッカーでドリブルの練習を1人でする時のコツ

サッカーでは、ドリブルで仕掛られる選手は、非常に重要な存在です。

パスサッカーが主流になった現代でも、やはり「ここぞ!!」という時のドリブルは相手にとっては嫌なものだと思います。

いくらパスで繋いでも最後のゴール前での攻撃の選択肢の一つとしては、ドリブルが有効だと考えます。

また、ドリブルの練習は1人でもそこまで広いスペースがなくても練習できます。

サッカーでは、コートの中で自分でボールを運ぶ重要な手段のドリブル技術を身に付けたいものです。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

左右両足でのボールコントロール!!

ドリブルは、狭いスペースでも1人でも練習できる技術です。

ドリブルに一番重要なのは、まず何と言っても足でボールをコントロールするための技術です。

言うまでもなくサッカーは、基本は「足を使う」スポーツです。

足を自由に使いこなせなければ、ドリブルも思ったようにコントロールはできないし、もちろん左右両足でできるようになることが重要です。

手が思うように文字を書いたり、はさみを使ったり、ものを掴んだりいろいろできるのは、小さい時からずっと使っているからです。

そのため足にも同じことが言えます。

まずは、いろいろなコントロールができるように常にボールに触れる「ボールタッチ」をすることです。

足のいろいろな所(インステップ、インサイド、アウトサイド、ヒール、足の裏など)でボールの感覚を覚えることです。

これは、1人でも家で勉強している時に椅子に座って足元でボールに触れたりと少しの時間や場所でできます。

ボールに触れる感覚は、非常に重要でドリブルだけでなく、シュートやパスにも役に立ちます。

実戦を想定した練習!!

ボールタッチでボールの感覚を掴む練習と一緒にドリブルの練習も1人でできます。

1人でのドリブル練習で、ただドリブルをするだけでは、練習にはなりますが実戦でうまく使うことができません。

これは、実戦では常に相手からのプレッシャーや試合の展開によってドリブルを変える必要があるからです。

1人で練習をしていると、どうしても相手もいないし、「練習をしている」という意識があるのでプレッシャーの無い状態でリラックスして練習しているため、普段よりドリブルがうまくなっているような感覚になってしまいます。

そのため、1人でドリブルの練習をしているときでも、常に相手を意識して練習することが重要です。

最近では、マーカーやコーンなどもスポーツ店で手軽に買えるようになったため、1人の練習では非常に役に立ちます。

最初は、1列に並べて練習するのもいいと思いますが、それだけで終わらずマーカーやコーンの並べ方を不規則に並べ変えたり、並べる間隔を変えたりすることです。

マーカーやコーンは並べ方や並べる間隔は変えられますが動きません。

だからと言って普通にドリブルだけに集中するのではなく、マーカーやコーンを相手選手だとイメージして間合いの取り方や緩急をつけるような実戦的なドリブル練習をすることです。

まとめ

サッカーでドリブルの練習を1人でする時のコツとしては、まずドリブルの基本となるボールタッチの練習をして左右両足でしっかりコントロールできるようになることです。

そして、ドリブルの練習をする時は、常に試合の時をイメージしながら実戦的な練習をしていくことが重要です。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする