サッカーで1対1でキーパーに勝つコツ

サッカーにおいて、キーパーはチームにとって最後の砦です。

そのため、キーパーとの1対1でもシュートを決めることは容易ではありません。

少しでもキーパーとの1対1で勝つためにはどのようなコツがあるのか解説いたします。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

キーパーの動きを見る!!

サッカーにおいて、1対1の場面で相手のディフェンスの位置や動きを見て、ドリブルの仕掛け方を考えると思いますがキーパーに対しても同じです。

まずはゴールに対してキーパーの立っている位置をしっかり確認します。

ゴールに近いところにいるのかゴールから少し離れているのか、ゴールに対して左右どちらかのサイドに寄っていないかなどです。

例えば、ゴールに近い位置ならある程度ドリブルでゴールまでの距離をつめることができるし、前に出ていればループシュートなどを狙うこともできます。

それに、ゴールに対して左右どちらかに寄っていれば広いスペースを狙ってシュートを打つことができます。

このようにキーパーの位置を確認することも重要です。

また、キーパーによっては1対1になった時に、2つのパターンがあります。

相手との距離を保ちシュートに備えて構えているキーパーと1対1になった瞬間に相手との距離を一気に縮めてくるキーパーです。

相手と距離を保つキーパーなら攻撃側も少しは落ち着いてシュートコースを狙ったりすることもできます。

しかし、キーパーもしっかり構えてシュートに備えているため、コースが甘ければ防がれてしまうし、時間を掛けていると、せっかく作った1対1もあっと言う間にディフェンスからのプレッシャーを受けてしまいます。

また、飛び出してくるキーパーについては、相手との距離が一気に縮まるため、プレッシャーがかかり、シュートコースもなくなってしまします。

そのため、サッカーでキーパーとの1対1で重要なのは、キーパーの動きをしっかり確認することが重要です。

キーパーの苦手なシュートコースを狙う!!

サッカーの広いゴールをキーパーは1人で守ります。

広いからと言って簡単にゴールはできません。

正面などに蹴ってもキーパーに防がれるだけです。

よくキーパーの凄いセーブを見ることがありますが、どんなにいいシュートでもキーパーにもボールを止めやすところがあります。

キーパーが一番反応しやすい範囲が、両手を広げた肩の高さから膝の高さくらいのシュートです。

たとえ1対1でもこの守備範囲内のシュートは止められる可能性が高いのです。

逆に苦手なコースは、顔の高さくらいの速いシュートや足元の低い速いシュートです。

キーパーとの1対1では、いかに落ち着いてキーパーの苦手なコースにシュートをできるかが重要です。

まとめ

サッカーにおいて、キーパーとの1対1に勝つコツは、まずキーパーの立っている位置や動きをしっかり確認することです。

そして、少しでもシュートの成功確率が上がるように、しっかりキーパーの苦手なシュートコースに蹴り込むことです。

また、フェイントを仕掛けてキーパーのタイミングをずらすことも1対1で勝つためのポイントになります。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする