サッカーの初心者でも使えるテクニックの練習方法

最近はサッカー人口が多くなり、小さい子供から大人までサッカーに触れる機会が多くなってきました。

少年サッカーでも大人でもサッカーを始めたばかりは、うまくボールコントロールができず大変だと思います。

しかし初心者からサッカーがうまくなるには、ボールに触れる機会を増やすことしかありません。

そうすることで、少しずつテクニックも身に付いていきます。

ボールタッチを使ったテクニック!!

サッカーでは、まずボールタッチをしてボールに慣れることが重要です。

ボールタッチは、少しのスペースがあればできるので、サッカー初心者がテクニックを身に付けるためには、とても有効な練習方法です。

まずは、簡単なところから左右の足で交互にインサイド(足の内側)や足裏でボールタッチを繰り返す練習でテクニックを磨いていくのがいいと思います。

サッカーでは、左右両足を同じように使えるようにしなければいけないので、初心者はまずボールに触れて感覚を身に付けていくことです。

このボールタッチの練習もドリブルのテクニックに使うことができます。

「ダブルタッチ」というテクニックは、左右の足で素早くボールタッチをして相手の逆をついて仕掛けるテクニックです。

少し高度なテクニックになると、足裏でボールを手前に引きながら相手がボールを奪いに来たところを逆に躱すテクニックもあります。

初心者でも使えるフェイント!!

サッカーを始めたばかりの初心者では、巧みな足技を使ったフェイントの高度なテクニックは難しいですが、初心者でもしっかり使えるテクニックもあります。

まずは、ボールをあまり動かさずにできるフェイントのテクニックで、体の重心移動だけでいいのでサッカー初心者でも使えるテクニックです。

初歩的なテクニックでは、「キックフェイント」は、ただシュートやパスをすると見せて、相手がそれに反応したら躱すという簡単なテクニックです。

特にゴール前では、シュートを打たれないように相手も警戒しているのでキックフェイントはとても有効です。

また、同じようにあまりボールタッチをしないで見せる「シザース」というフェイントのテクニックもあります。

シザースは、またぎフェイントと言われ、このフェイントは、まずボールをアウトサイドで蹴るように見せます。

その足でボールの前の方をまたぎ、またいだ足を軸にして反対方向へ体の重心を移動します。

そのまたいだ足と逆の足のアウトサイドでボールを持ち出し、いっきに加速して相手を抜き去るというフェイントです。

このシザースを同じように2回繰り返すと「ダブルシザース」というフェイントです。

ボールをまたぐ動きが入っているため少し難しいように感じますが、細かなボールコントロールがいらないので比較的簡単にできて、しかも初心者でもサッカーがうまくなったような「魅せる」テクニックとして使えます。

あとは、ドリブルのスピードに緩急をつけるだけで相手を躱すテクニックもあります。

ただ、ドリブルをしたり、止まったりという動きだけでできるテクニックなので初心者でも簡単にできます。

まとめ

サッカーの初心者がうまくなるためには一番は常にボールに触れることです。

ボールに触れることでテクニックが上達し、更に高い技術が身に付きます。

もちろん、初心者でも少し練習すればできるようになるテクニックもあります。

そのテクニックを更に上達させるには、毎日の努力の積み重ねになると思います。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング