少年サッカーで伸び悩んでいる子への接し方

少年サッカーの年代は、成長がとても早いです。

だからこそ友達はどんどんうまくなっているのに、自分は頑張っても結果がでなかったり悩んでしまうこともあると思います。

その子供の伸び悩みの時期に指導者や親はどう接すればいいでしょうか?

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

指導者や親の接し方!!

少年サッカーでは、子供達は勉強と同じようにいろいろなプレーをすぐに吸収し、自分のものにしていきます。

指導者としても、この子供達の成長に対して、どんどんいろんなことを教えてあげたいという気持ちも強くなり、親としても子供が試合で活躍するのはうれしいものです。

ただ、子供達の成長もそれぞれだということです。

どんどんうまくなる子もいれば、なかなかうまくいかずに伸び悩む子もいます。

その時に指導者としてできることは、「声をかけてあげること」です。

単純なことですが、とても重要なことで、できない子は「なぜできないのか?」自分でもうまく解決方法を見つけられないため戸惑っています。

他の子はできるのに自分だけできないなら「サッカーをやめよう」となるかもしれません。

伸び悩みより、できないからあきらめるというのは一番避けなければいけない問題です。

指導者は、常に気をくばりポイントを教えてあげたり、休憩中に声をかけてあげるだけで子供は「コーチはちゃんと見てくれている」、「自分のことを気にかけてくれている」というのが分かるからです。

そうすることでやる気を出し、自分で挑戦することを続けるようになっていきます。

また、親の接し方として「みんなできているのに、なぜできないの」とか「練習を頑張っていないんじゃないの」という事を家で子供に言っていないでしょうか。

うまくいかず伸び悩んでいる子供に練習でも悩み、家でも悩ませることは子供にとってマイナスでしかありません。

サッカー経験のある親なら良いアドバイスもできるかもしれませんが、サッカーはしたことない親ならなんと声をかければいいか分からないと思います。

しかし、少年サッカーでは難しいことをいう必要はなく「次はできるといいね」、「頑張っているからきっとできる」などの声かけで十分です。

伸び悩みは、子供は一生懸命頑張っているのに思うようにできず悩んでいるので、「頑張っている」というのをしっかり評価してあげることが重要です。

今だけでなく、先のことも考える!!

少年サッカーの年代は、サッカーの上達と同じように体の成長も大きく影響します。

伸び悩みの原因で「クラムジー」という言葉があります。

今までできていたことが急にできなくなったり、体を思うようにコントロールできなくなる現象です。

この原因は、成長期に入り身長が大きく伸びたり、体が大きくなることでボールコントロールが今までと異なり、うまくプレーすることができなくなってしまうのです。

伸び悩みの原因として、このように身体の変化もあることを指導者はもちろん親も把握しておく必要があります。

この現象は、一時的なもので体の成長にプレーが慣れてくれば、また今まで通りのプレーができるようになります。

ただ、この一時的な現象で伸び悩み自分はもうこれ以上いいプレーができないと考え、サッカーから離れてしまうことがないようにしなければいけません。

やはり、試合に出ることができなかったり、思うようなプレーができないのはつらいと思います。

しかし、これは自分がもう1つ進化するための準備期間だと思い、あきらめずしっかりトレーニングを続けていくことです。

少年サッカー年代だけではなく、先のことも考えて自分の気持ちを切り替えていくことが重要です。

まとめ

少年サッカーでうまくいかず伸び悩んでる子供への接し方として、指導者も親もまずはしっかり子供の話を聞いてあげることです。

頑張りをしっかり認めてあげることが、接し方の第1歩です。

そして、少年サッカーで成長期に起こりやすい「クラムジー」があることを指導者も親も理解し、アドバイスしてあげることです。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする