センタリングを攻撃に合わせて上げ方を変えるポイント

相手のコートの中央を切り崩して得点を奪うことは簡単ではありません。

いろいろな攻撃を組み合わせながら、相手のゴールに近づき得点を狙っていきます。

最近では、特にサイドからの崩しが注目され、サイドハーフやサイドバックの選手の活躍が目立ちます。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

センタリングの上げ方!!

サイドからの攻撃でポイントになるのがセンタリングです。

センタリングは、サイドからゴール前にボールを蹴り込むことを言います。

よくテレビでは、「サイドからのクロスボールにフォアードが合わせてゴールを決めました。」と聞くとことがあると思いますが、センタリングのことをクロスと言ったりします。

サイドハーフの選手が、サイドでボールを受けてゴール前にセンタリングを上げたり、サイドバックの選手が上がって来てゴール前にセンタリングを上げることが多いです。

センタリングはかなり蹴り方が難しく、普通は体の向きとボールを蹴る方向は同じですが、センタリングの場合はサイドからゴール前にボールを蹴り込むので正面を向いて走ってきてボールを横に蹴らなければいけません。

センタリングの上げ方は、体を大きく捻って蹴り込まなければいけないのです。

この体の捻りが弱いとセンタリングの上げ方がうまくゴール前に上がらず、ゴールラインを越えてしまったりします。

センタリングの上げ方のコツとしては、助走を少しタッチライン沿いに膨らんでからゴール前に体を向けて上げることです。

センタリングの上げ方の種類にもよりますが、インフロントキックでボールの下を蹴るとうまく上がります。

ボールを蹴る瞬間には、軸足をボールの真横に踏み込んで、蹴り足の腰をしっかりゴールの方向へ押し出すような感じで蹴ることがポイントです。

攻撃に合わせて上げ方を変える!!

サッカーでセンタリングは、ゴールに繋がるとても重要なプレーになります。

センタリングからゴールに繋げるためにいくつかのパターンがあります。

まず、「ゴールキーパーとディフェンスの間」を狙ったセンタリングです。

この上げ方は、「ゴールキーパーが飛び出すのか」、「ディフェンスがクリアするのか」どちらが対応するか判断に迷いがでます。

その迷いが相手のミスを誘ったり、そこに味方が飛び込むことで得点を狙う上げ方です。

ただし、相手のディフェンスが身長の高い選手やゴールキーパーとの競り合いになった場合には、味方の選手も身長の高い選手でなければ難しいという点もあります。

次に、「スピードの速いボール」を使ったセンタリングです。

これは、スピードの速いセンタリングを蹴り込むことで、勢いよくゴール前に走り込んで合わせる上げ方です。

このセンタリングでは、速いボールに対してヘディングで飛び込んだり、スライディングで合わせることもでき、スピードボールに勢いそのままで飛び込むことで相手も対応しづらくなります。

そして、「ゴール前を少し外した」センタリングです。

このセンタリングの上げ方は、やはりゴール前に選手が密集するため少しゴール前から外して狙うセンタリングです。

ゴール中央の少しゴール前から離れている選手に上げて、そこからダイレクトでシュートをさせたり、少し遠いサイドに蹴ってゴール前に折り返したりする上げ方です。

ゴール前の密集をさけ、ワンクッション入れることで相手の守備のバランスを崩すこともできます。

まとめ

センタリングを攻撃に合わせて上げ方を変えるポイントとしては、センタリングを状況によって使い分けることです。

相手の守備の状況、特にゴールキーパーの位置やディフェンスの位置、人数などに応じてセンタリングの上げ方を変えることです。

高めのボールを蹴り込むのか、速いボールを蹴り込むのか、又は少しゴール前を外して蹴り込みワンクッション入れるのか判断をします。

また、蹴り方を確認し、しっかり正確なセンタリングを上げることがゴールへ繋がる第1歩です。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする