サッカーで体重移動を使ったフェイントのテクニックのコツ

最近ではサッカーの試合を見ていると足技のテクニックが非常に高い選手が多いです。

小さい頃からたくさんボールに触れ、テクニックを磨いてきたのだと思います。

サッカーで相手をかわすためのテクニックの中には、足技やスピードを活かしたものだけではなく、初心者でも比較的簡単に使えるフェイントテクニックもあります。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

体の動きで相手を騙す!!

サッカーで、フェイントを成功させるには、まず相手をうまく騙すテクニックが必要になります。

しかし、サッカーを始めたばかりの選手は、まだ足元の技術も高くないので、華麗な足技を使ったフェイントテクニックはできません。

また、足の遅い選手がスピードに乗ったフェイントテクニックで相手をかわすことも難しいです。

そこで比較的簡単に使えるのが体重移動を利用したフェイントテクニックです。

フェイントの基本は、相手を騙さないといけないので体の動きを小さな動きより大きな動きをすることがポイントです。

例えば、体重移動で相手をかわす「マシューズ」は、足を大きく左右どちらかに踏み出してその足に体重をかけ、上半身も大きくその方向に向けることで、相手も進行方向を抑えに来るので、逆足のアウトサイドで相手の逆側に抜け出すフェイントのテクニックです。

サッカーでは他にも体重移動で相手を釣りだすステップオーバーというフェイントもあります。

サッカーでこのステップオーバーというフェイントのテクニックは、まず相手に自分がボールを動かすような動きを見せます。

次に左右どちらかの足を大きく振り出す動きを入れて、そのままボールを跨ぎ、跨いだ足を付くと同時に逆足で踏ん張ります。

上半身をひねりながら素早く身体を切り返して、跨いだ足のアウトサイドで逆方向へボールを持ち出すというフェイントです。

このフェイントのテクニックのポイントとしては、ボールを跨ぐ時にしっかり体重移動をすること、ボールを蹴るフリをしてボールを跨ぐのでボールスレスレで足をあまり上げないようすることです。

そして、相手を騙すということがポイントなので、体重移動の動きも大きく速くすることが重要です。

相手との距離感!!

サッカーでは、体重移動のフェイントを仕掛ける時に相手との距離感が重要になります。

体重移動を意識したフェイントでも、相手を騙す動きとして体を大きく動かすことがポイントとなります。

相手との距離感が近ければ、フェイントを仕掛けにくいし、遠ければ相手はフェイントに騙されません。

騙されても距離があるとすぐに対応されてしまいます。

相手とのフェイントの距離感としては、2、3歩で相手に並び抜き去ることができるかがポイントです。

なぜ、相手との距離が2、3歩かと言うと自分の体重移動に騙されて、相手が動きについてきた時、相手の逆をついて抜き去る動きに影響があるからです。

フェイントを仕掛ける時に、相手との距離が離れていては、フェイントを仕掛けた時にせっかく相手が騙されても抜き去るまでに相手が体勢を立て直してしまうからです。

また、相手との距離が近すぎると大きな動きができず、相手も騙すことができません。

体重移動は相手の重心(バランス)を崩すための釣りの動作なので、相手が騙された時には素早く相手の逆をついて2、3歩くらいで抜き去り、相手との進路に自分の体を入れて自分の進路を確保することができなければいけません。

このため自分の距離感でフェイントを仕掛けることがポイントになります。

まとめ

サッカーで体重移動を使ったフェイントのテクニックは、大きな動きで相手をしっかり騙すことがポイントです。

体重移動を大きく見せることで、相手も動きに騙されやすくなります。

そして、相手との距離感が重要で相手がフェイントに騙されたら2、3歩で相手に並び抜き去れるような距離感がポイントです。

繰り返しの練習で、しっかり自分のポイントを見つけることが重要です。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする