サッカーで1対1を制するテクニックのコツ

サッカーでは、1対1の場面はチームの勝利に左右する大切な場面です。

この1対1の状況は攻撃側も守備側も「いかに相手を躱すか」、「いかに相手からボールを奪うか」とても見ごたえのある場面の1つです。

サッカーで1対1を制するテクニックとしてどのようなことが重要になるでしょうか。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

重要なのは相手との距離感!!

サッカーでは1対1の場面は多く、そこで重要なのは自分と相手との距離が非常に重要になります。

自分と相手との距離が離れていれば、相手のドリブルには対応する事ができますが、パスやシュートに対しては全然プレッシャーのかからない状態となります。

相手との距離が近いとパスやシュートへのプレッシャーにはなりますが、スピードのある相手やドリブルのテクニックに優れた相手には、簡単にかわされる可能性があります。

ここでポイントなのが、1対1になった時の自分と相手との適度な距離感です。

サッカーで1対1での適度な距離感と言われても、曖昧な感じですがそれぞれ自分の対応できる距離感は違ってきます。

私が子供達に指導する際は、相手がパスやシュートの時は、蹴る姿勢に入った時に足を伸ばして対応できる距離、またドリブルの時は2、3歩でかわされない距離と教えています。

これは、対応する子供の体格やスピードでも違ってくるので、みんなに同じように指導してもうまくいかないので、練習から1対1を頻繁に取り入れ自分の対応できる距離感を掴んでもらいます。

1対1の練習では、攻撃、守備と交互に練習させ最初は攻撃側に仕掛けさせ自分の仕掛ける距離を練習させ、守備側はプレッシャーをかけないようにします。

次は、攻撃側はドリブルだけで仕掛けさせず、守備側に自分の仕掛けるタイミングや距離感を掴ませます。

その練習をした後に、お互い実戦のように攻守で仕掛け合う練習をしていきます。

まずは、自分の攻守で仕掛ける距離感を掴んでもらうことが重要です。

攻撃面、守備面から考えるテクニック!!

サッカーで1対1のテクニックは、攻撃面や守備面でそれぞれあると思いますが、まずは、攻撃でのテクニックとしては、相手を「迷わせること」だと思います。

守備側も「パス、シュート、ドリブル」など選択肢が多ければ守備に迷いがでます。

例えば、攻撃側がサイドでボールを受けた時は、選択肢が「パスかドリブル」の二択になります。

これがゴール中央だとこの選択肢の中にシュートも加わります。

これが守備側の迷いで、攻撃側が何を仕掛けてくるか迷うからこそ対応に少しの遅れができ、そこを攻撃側としては狙うことです。

逆に守備側のテクニックとしては、攻撃側の選択肢を少なくすることで自分も守りやすくなります。

例えば、ゴール中央へのドリブルに対しては、厳しくプレッシャーをかけ、サイドにドリブルする時は、わざと攻撃側にドリブルをさせ、追い込んだりすることもできます。

ドリブルで仕掛けたり、ボールを奪い合ったりという1対1ではありますが、自分の有利な方へまず誘いこむというのも大事なテクニックだと考えます。

まとめ

サッカーにおいて、1対1のテクニックは、攻守で相手に対した時の自分の距離感を日頃の練習から繰り返し練習することです。

これについては、それぞれ個人で違うので実戦的な練習で距離感を養うことが重要です。

また、1対1の局面も自分にいかに有利な状況を作り出すことができるかも大切なテクニックの1つになってきます。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする