少年サッカーで走る練習を取り入れるコツ

サッカーは走るスポーツです。

少年サッカーにおいても試合で勝つためには、しっかり走れるチームでなければ勝てません。

そのため、少年サッカーでも走る練習は、必ず取り入れる練習の1つです。

私の小さい時は、走る練習と言えばグランドを10周走ったり、短い距離をただひたすらにダッシュしたりときつい練習という思いしかありません。

自分達も感じたように、今の練習でもこのような練習では、もちろん力はつくと思いますが、子供達にとっては、ただきついということしか残らないでしょう。

同じ練習を繰り返しするのではなく、走る練習もいろいろ工夫することで同じように力が付く練習ができると考えます。

では、どのように少年サッカーにおいて子供達が苦手とする走る練習を取り入れていけばいいでしょうか?

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

走る練習も工夫する!!

昔は、少年サッカーでも走る練習方法の1つとして練習前に2km、3kmを走ってから練習するというのがありました。

今でも取り入れているところもあると思いますが、実際この練習では長距離を走るための体力は確実につくと思います。

しかし、一定のペースで走るため、サッカーの走りではありません。

サッカーでは、長い距離のダッシュ、短い距離のダッシュ、状況に応じてフリーランニングをしたり、試合中ずっと一定のスピードで走っているわけではありません。

やはり、普段の練習から試合を見据えた練習が重要になります。

例えば、200mのトラックであれば最初の100mペースを上げて走って、残りの100m軽く流して走る練習や10mダッシュして40m軽く走る練習など練習の仕方はたくさんあります。

少年サッカーにおいては、チーム事情によって、低学年から高学年まで一緒に練習しているところもあると思います。

ある程度学年の上の子は、この練習でいいと思いますが低学年にとっては非常に厳しい練習です。

そのため、私は低学年の子供達の走る練習として「鬼ごっこ」を取り入れています。

鬼ごっこと言っても、サッカーの要素をたくさん含んでいます。

鬼から逃げるためダッシュして走り回ったり、鬼の位置を確認するため常に周りをチェックしたり、鬼ごっこの中にはサッカーの要素がたくさん入っています。

走る練習でも競わせる!!

走る練習で、ただ2km、3km走っても距離が長いと無意識に自分の体力が最後まで持つようにセーブしてしまう場合があります。

そのため、私は走る練習の時は、いくつかのグループを作り、リレー形式のようにします。

リレー形式だと相手がいて競争になるので力をセーブせずに走るようになり、負けた場合は簡単なペナルティを与えます。

例えば、腿上げ10回や腕立て10回などにしたり、サッカーには関係ないですが、ものまねなどでもいいです。

腿上げなどはトレーニングになり、ものまねは一気に場が和んでリラックスムードになります。

もちろん練習なので、緊張感が必要ですが少年サッカーでは、ピリピリした雰囲気だけでは子供達も窮屈に感じてしまいます。

そこは指導者が子供達の様子を常に気にしながら練習の雰囲気作りをしていくことが重要です。

まとめ

少年サッカーにおいて、走る練習はとても重要な練習の1つです。

だからと言ってだた単純に走る練習ではなく、2km走るにしても走る練習をいろいろ考えて組み合わせる事で結果的に2km走るような工夫をすることも大切です。

大人でも走る練習と言われると気持ちは沈んでしまいます。

少年サッカーではなおさらです。

走る練習も楽しくできるように指導者が雰囲気作りや工夫をすることが大切です。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする