少年サッカー試合中の指示のポイント

少年サッカーにおいては、楽しく経験を積めるようにとは思いますが、やはり試合では勝ちたいと思うのが当然です。

指導者も保護者もつい熱くなってしまうのもわかります。

しかし、試合を見ていてこれは試合中の指示としていかがなものかと思うような指示をしている指導者や保護者を見る事があります。

試合をしているのは、自分たちではなく子供達です。

では少年サッカーにおいて試合中はどのような指示をした方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

指導者や保護者の試合中の関わり方!!

私も少年サッカーで指導しているので試合中に熱くなってしまい思い当たる点はたくさんあります。

やはり、その時に先輩指導者からは自分が1番冷静になって状況を見るようにと言われました。

子供達は、練習とは違い試合には独特の雰囲気がある中で、普段の練習を思い出しながらプレーしているのです。

その時に、ミスをしてしまいフィールドの横で立ったまま大きな声で怒鳴っている指導者を見れば、もっと普段通りのプレーはできなくなって当然です。

子供達を勝ちに導こうとする指導者がこれでは子供達には逆効果です。

また、最近ではサッカー経験者の保護者も多くなり、フィールドの脇から指導者より大きな声で指示をしているのを目にします。

これでは、指導者の指示と保護者の指示が子供達の中で混乱してしまい思うようなプレーはできません。

保護者も子供達に勝ってもらいたいので指示をしたくなるのは十分わかります。

また、審判の判定に大きな声で批判をする事もあります。

熱くなる気持ちもわかりますが、保護者としては指導者や審判をしっかりリスペクトする事が保護者の役割で子供達へのサポートだと思います。

いつもの練習通りの指示!!

私が心がけている試合中の指示については、特に少年サッカーでは子供達に考えさせる指示を与えます。

試合中に細かくフィールドに指示を送る指導者もいます。

もちろん勝つためには、それも1つの方法だと思います。

しかし、何度も言うように試合をしているのは子供達です。

少年サッカーでも試合の状況はあっと言う間に変わるので、その度に指導者が指示を出しても子供達は対応できません。

ハーフタイム中や試合が終わってから、「あの失点の場面はどうすればよかった?」など試合でのポイントを思い出させて子供達の意見を聞きます。

そうする事で、同じ場面や似たような展開があった時に子供達は指示の前に動けるようになります。

また、試合中に急に普段の練習でやってない事をできるはずがありません。

いかに普段の練習でやっている事を試合で発揮できるかだと思っています。

だからこそ、指導者は試合中のミスに対して子供達を責めるのではなく、次の練習に活かしていく事が重要だと考えます。

まとめ

少年サッカーにおいて、試合中の指示を出す場合は、まず子供達が選択したプレーを尊重する事が大切です。

そして、そのプレーが失敗した場合もなぜそうなったかなど、子供達からそれに対しての考えを聞けるような雰囲気が大切です。

そして指導者はその考えを聞きながらアドバイスをしたり、次の練習に活かせるようにしたいです。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする