少年サッカーで判断力を養う練習方法!

少年サッカーにおいて、子供達の判断力を養う練習がないかと保護者から聞かれることがあります。

私も最初はどうやったら子供達が自分で判断してできるようになるか考えたことがありました。

そこで、試合会場では強豪と言われるチームにたくさん会うことができるので、どうやっているか観察したこともありました。

その時に気付いたのが実はそこまで特別なことをしている訳じゃないのかなと思いました。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

子供への接し方!!

少年サッカーを指導していて、練習や試合で指導者から指示があるまで、しゃべったりふざけたり何もしない子供達や保護者が積極的に子供達の準備を手伝っている光景を目にします。

確かに、自分勝手に動くよりは、「何か指示があるまで待とう」や「保護者がしてくれるからいいか」という気持ちになると思います。

少年サッカーでも強いチームの子供達を考えてみてください。

少なくても練習や試合に入るまでの準備は、指導者の声掛けや保護者の手伝いを待たなくてもできることは自分達で進んでしています。

基本的に練習や試合に入るまでの準備は、毎回変わりません。

そこを考えて自分達でできるかどうかも判断力の1つだと考えます。

そして、少年サッカーの指導者でよくしてしまうのがプレーに関して細かな指示を与えてしまうことです。

私もよく試合中に選手に細かな指示を出し続けていました。

しかし、それをすることである程度は対応することができますが、指導者からの指示を待ってしまうようになり自分達の判断でプレーができなくなってしまいます。

私、自らが子供達が判断力をつけることを邪魔していることに気付きました。

それからは、基本的に指示じゃなくてアドバイスをするようにしています。

1つのプレーに対して、いいプレーは褒めて、ミスをした時は、まず子供達がなぜそのプレーをしたのか聞くことにしています。

それを聞いた上で、「じゃあ、こんな展開もあったよね」など他の選択肢もあるんだよと言うことを教えて子供達同士で話をさせます。

そうすることで子供達は、自分達でプレーについて考え判断力を養うことができるようになると考えます。

判断力を養う練習とは!!

少年サッカーにおいて、子供達の判断力を養う練習と聞くと何かすごく難しく思いますが、実はすごく簡単だと思っています。

例えば、ゴールを3ヵ所おいて3対3をしなさいと伝え、子供達に各チームで話し合う時間を与えます。

それから練習を始めると、それぞれのチームで攻撃を考え、それに合わせて相手も対応します。

あとは、そのプレーを見た指導者は、プレーについて指導やアドバイスをするだけです。

私は、これだけでも判断力を養う練習だと考えます。

また、家でゲームをするならサッカーゲームはたくさんしなさいと言います。

もちろんちゃんと決まった時間の範囲内でですが、サッカーゲームは全体を見ながら、自分で状況を考えます。

ゲームでも勝つためにいろいろな攻撃を考えて遊ぶことができるので、これも判断力を養うことの1つだと私は考えます。

まとめ

少年サッカーにおいて、判断力を養う練習と聞くと難しいような気がしますが、普段の生活の中や練習、試合での準備など簡単で当たり前のことから学ぶこともできます。

そして、練習や試合でも指示を出すのではなく、アドバイスをしてあげることで子供達は自分で考えるようになります。

このように指導者、保護者が子供達のサポートに回ることで子供達は自分で判断力をつけていきます。

スポンサーリンク
soccer-win.comレクタングル大

soccer-win.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする