少年サッカーで子供が飽きない面白い練習方法

少年サッカーにおいては、幼児や小学校の低学年からサッカーを始める子供達が今ではたくさんいます。

少年サッカーにおいては、特に難しいのが低学年から高学年まで様々な年代の子供達が集まってくるところです。

クラブチームなど指導者の人数が揃っていて、人数や学年毎に調整をして練習できればいいですが、地域の少年団などの指導者があまりいないところはそう言うわけにはいきません。

練習方法や練習内容もうまく調整していかなければいけないので、指導者としてもなかなか難しいところです。

同じ練習の繰り返しは避ける!!

少年サッカーにおいて、練習の際に気を付けたいのが子供達の集中力や気持ちです。

走る、ボールを蹴るや止めるなどの基本練習は特にサッカーを始めたばかりの少年サッカーでは重要ですが、だからこそ毎回の練習で繰り返しになってしまいます。

最初のうちは、子供達も集中して練習に取り組んでいますがだんだん同じ練習ばかりをしていると「慣れ」てしまいます。

「慣れ」と聞くと「うまくなってきた」や「できるようになってきた」と思うかもしれませんが少し違います。

もちろんできるようにはなっていますが、その練習している技術を試合や他の練習で活かす事はできません。

そして、練習に飽きてしまうばかりか、「この練習はこれくらいでいいか」など逆に練習での力の抜き方を覚えてしまいます。

指導者は、毎回の練習についても子供達が飽きない興味を持って取り組める面白い練習を考える必要があります。

遊びの要素も練習には重要!!

少年サッカーで必要なのは、とにかく基本技術ですが何度も言うようにマニュアルにあるような練習では応用ができません。

子供達は自分たちの遊びでも常にいろいろな条件を加えながら遊びを完成させています。

サッカーの練習も同じでいろいろな条件を加える事で面白くなり、常に次はどんなことをするのか興味が沸き集中します。

サッカーで走る練習も、ただグランドを走るのは楽しくありません。

子供達は、「鬼ごっこ」をする時、ただ鬼を追いかけるだけではなく、いろいろな条件を考えながら遊んでいます。

それと同じで、サッカーの走る練習についても鬼ごっこは動きや体の使い方など非常に有効な練習方法だと思います。

それに、いろいろな条件を付ければ低学年から高学年まで一緒に練習する事もできます。

例えば、低学年が普通に逃げるのに対して、学年が上がるごとに「ケンケン」や「両足飛び」など条件を付けるのもいいと思います。

毎回子供達に、その日の条件を考えさせて始めるのも面白いと思います。

少年サッカーでは、他の練習についても同じで通常の練習の中に少し遊びの要素を加える事で、子供達は興味を示し集中して取り組めます。

まとめ

少年サッカーにおいては、繰り返し練習する事も重要ですが、同じ練習の繰り返しだけでは子供達も飽きてしまいます。

子供達が練習を飽きないように、面白い遊びの要素なども取り入れながら練習を組み立てる事も必要です。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする