サッカーで重いシュートを打つコツ

サッカーをしていれば、誰もが相手のゴールキーパーの手を弾いてゴールするような強くて重いシュートを蹴りたいと思います。

いろいろな蹴り方がある中で1番強いキックができるのがインステップキックです。

サッカーで勢いのある重いシュートを蹴るにはインステップキックでしっかり蹴る事です。

インステップキックは、大人になれば重いシュートが蹴れると思うかもしれませんが、大人でも簡単には蹴れません。

逆にしっかりしたフォームで蹴る事ができれば小学生でも重いシュートを蹴る事ができます。

しっかりしたフォームで蹴る!!

まず、インステップキックを蹴る時に、軸足の置く位置をボールの横か少し後ろにしっかり踏み込むようにします。

そして、蹴り足を大きく振り上げ、しっかりボールに力を伝えるように振り抜きます。

この時、しっかり足の甲(インステップ)でボールの中心付近を捉える事が重要です。

その時に気を付けたいポイントが、「足首の固定」です。

足首がグラグラしている状態でボールを蹴っても、ボールに力が伝わらずしっかり蹴れない原因の1つになります。

インステップキックで蹴る時は、足首をしっかり固定して伸ばし、つま先は少しグーをするように丸めると力が入って足首が固定されます。

次に重要なのが上半身と下半身の動きです。

足でボールを蹴るので下半身の動きが重要だと思うかもしれませんが、実は同じように上半身の動きが下半身の動きとうまく連動していなければ重いシュートは蹴れません。

足の振りに対して、上半身の動きが小さく腰から下の力だけでボールを蹴ろうとしても重いシュートは蹴れません。

ボールに強い力を伝えるためには、上半身の腕の勢いなども使って体を大きく動かし、腰から下を回転させるように蹴り足を振り抜くという事が重要です。

重いシュートを蹴るためのトレーニング!!

サッカーで重いシュートを蹴るために、足のトレーニングをする人も多いと思います。

例えば、ふともものトレーニングはスクワットが非常に有効ですが無理をしてしまうと逆に膝など足を痛めてしまうので注意が必要です。

しかし、小学生でも重いシュートを蹴れるのは単に足の力だけではなく、全身の動きの連動が重要で1番トレーニングをした方がいいポイントです。

上半身の動きでは特に体の「捻り」が重要です。

この捻りがシュートを打つ時の腰の動きにも大きく影響します。

この練習として、例えば右足を大きく前に出し、上半身を大きくゆっくり右側に捻ります。

同じように交互に左も動かしながら脇腹を伸ばしていきます。

これによってボールを蹴る時に腰の回転を足に伝える事ができようになります。

まとめ

サッカーで重いシュートを蹴るには、足の力だけではなく、上半身の力も必要です。

上半身と下半身の動きがしっかり連動する事で重いシュートが蹴れるようになります。

サッカーだから足だけという訳ではなく、身体全体をしっかりトレーニングしていく事が重要です。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする