サッカーでシュートを決める逆回転ボールのポイント

サッカーにおいて、ボールコントロールは大切な技術の1つです。

ボールを自由にコントロールできれば、プレーの幅も大きく広がります。

インステップキック(足の甲)やインサイドキック(足の内側)、アウトサイドキック(足の外側)、インフロントキック(足の内側のつま先付近)やアウトフロントキック(足の外側のつま先付近)、ヒールキック(かかと)やトーキック(つま先)など蹴り方も様々です。

この蹴り方を使い分ける事でいろいろなシュートをする事ができます。

最近では、子供達も技術が高く、いろいろな蹴り方を使い分けボールに回転をかけて変化するボールを蹴ることができる選手も増えています。

シュートの時に気を付ける逆回転!!

サッカーで基本的にシュートの時は、できるだけボールが浮かないように蹴ることを教えられます。

ボールが浮かないようにするには、ボールが縦回転(上から下)するように蹴らなければいけません。

逆に下から上に逆回転するようなボールではシュートが浮いてしまうだけではなく、力の入ったシュートにはなりません。

特に子供達に多いのですが、ボールを強く遠くに蹴ろうとして力んでしまい、ボールの中心から下を蹴って、ボールの回転が逆回転になってる子がたくさんいます。

ボールを蹴る時に、浮かそうとしてボールへのインパクトの瞬間に足首を動かして下からすくい上げるように蹴るため逆回転の威力のない蹴り方になってしまうのです。

シュートの時は、足首をしっかり固定してボールの中心に足の甲が当たるように、そして上半身を反らしてしまうとボールが浮くので、少し体をかぶせる(前傾姿勢)にして蹴ります。

相手の意表をつく逆回転シュート!!

しかし、サッカーで、逆回転(下から上)のシュートは全部がミスだという訳ではなく、この逆回転を意図的に使っている場合もあります。

ゴール前でゴールキーパーと1対1になった時、ゴールキーパーも飛び出してきてシュートコースが無くなり、普通にシュートを打っても止められる可能性が高い時に、意図的にボールの下を蹴って逆回転をかけてボールを浮かし、ゴールキーパーの頭上を躱すループシュートもあります。

ループシュートは、高い技術を必要としますが、ゴールキーパーも意表をつかれてなかなか止める事はできないでしょう。

また、遠目からシュートを狙う時に、もちろんインステップキックも使いますが、インフロントキックやアウトフロントキックでコースを狙って蹴ることもあります。

インフロントキックは右足なら右回転の軌道で、アウトフロントキックは逆回転の左回転になります。

どちらもゴールキーパーから逃げていくようなボールの軌道になるので止めにくいです。

また、このキックはサイドから蹴る時に役立ちます。

右サイドから右足のインフロントで蹴るとゴールキーパーから離れるような軌道になり、味方がゴール前で合わせやすくなります。

逆にアウトフロントは、逆回転になりゴールに向かってシュートが飛んで行くようなボールの軌道になります。

このため、ゴールキーパーも意表をつかれるような感じになり、試合でもこの得点シーンを見た事があります。

まとめ

サッカーでシュートを打った時に、ボールに逆回転(下から上)がかかっている時は、しっかり足首を固定して上半身をかぶせるようにして蹴ることが重要です。

しかし、サッカーではこのボールの逆回転を巧みにコントロールして、ゴールキーパーの意表をつくシュートを打つ選手もいます。

日々の練習でいろいろな蹴り方をマスターすることで、質の高い良いプレーを魅せることができますよ。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする