サッカーでシュートの時に足をミートさせるポイント

子供達のサッカーの試合を見ていて、ゴール前でシュートをしようとして、空振りや蹴り損なう場面をよく見る事があります。

少年サッカーでは、そう言った場面も当たり前のように思いますが、実は少年サッカーだけではなく、プロや代表の試合でも観ることがあります。

よくシュートの時は、ボールをしっかり見て足をミートさせるんだよと聞きますが、サッカーでは当り前のように見えて実は意外と難しいのです。

インパクトの瞬間に捉える!!

サッカーでシュートをする時の基本に、「ボール」-「ゴール」-「ボール」と教えます。

まずは、自分が持っているボールを自分がシュートをしたいところにコントロールします。

次に自分の位置とボールをコントロールした位置からゴールを確認します。

そして、最後にもう一度シュートをする前に、ボールの位置を確認してシュートをするようにします。

このようにシュートまでの流れの中で必ずボールの位置を確認してシュートをしますが、それでもうまくミートする事ができずにミスをしてしまう事があります。

少年サッカーにおいては、ミートする瞬間に目を離してしまったり、うまくミートさせることができないなど技術的な面もあると思いますが、プロの選手の空振りはこれとは違う別な要因がほとんどです。

例えば、グランドの状態が悪くてミートをする瞬間にボールが動いてしまったりというのがあります。

ゴール前の必死の攻防が続く場所だからこそ、そのような要因が多いと思います。

他には、つい力が入ってしまう場合ではないでしょうか?

大事な試合になればなるほど1点の重みが違います。

やはり、そこに気持ちが入ってしまうからこそ、余計な力が入ってしまいミートがズレてしまう事もあると思います。

それだけ、シュートをする時のミートは簡単なようで難しく、いかにボールを蹴るインパクトの瞬間に、基本通りに力まずボールにミートさせられるかが重要です。

目線にボールが入るように!!

子供達が、ミートできず、空振りやキックミスをしてしまうのは、ボールから目を離してしまうというのも原因だと考えます。

もちろん、ボールだけを見てプレーするわけではなく、周りを見たりゴールを確認したりしないといけません。

そこでボールから目を離すのではなく、ボールを自分の目線にコントロールしてプレーする事です。

例えば、自分の視野に入っていないところからボールが出てきても、すぐに反応はできません。

そのため、頭を動かしても自分の視野に必ずボールが入るようにコントロールして、常にボールの動きを視野に入れながらプレーする事でシュートでボールを蹴る時もミートしやすくなります。

まとめ

サッカーで、シュートをする時に大切なのは、ボールを蹴るインパクトの瞬間にいかにしっかり足をミートさせるかです。

グランドの状況や気持ちが入って力んでしまうだけで、うまくミートすることができなくなるくらいシュートには気を使います。

その時に、常に自分の目線上(視野)に入るところでボールをコントロールすることで、いろんな状況でも対応する事ができるようになり、シュートの時もミートしやすくなります。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!