サッカーでインサイドキックの正確な蹴り方のコツ

サッカーを始める時に、まず最初にインサイドキック(足の内側)と、インステップキック(足の甲)からスタートします。

サッカーにおいてインサイドキックとインステップキックはとても基本的な蹴り方だからです。

インサイドキックというのは足の内側で蹴る蹴り方で、インステップキックのように足の甲でそのまま蹴るのとは違い、足の内側を正面に向けて蹴るため、強く蹴ったり、正確に蹴るのが難しい蹴り方です。

しかし、サッカーではインサイドキックは基本的で重要な蹴り方なので、しっかり強く正確に蹴れるようにならないといけません。

そこでインサイドキックの蹴り方を確認したいと思います。

インサイドキックの正確な蹴り方

サッカーを始めたばかりの少年サッカーでもまず最初に教える基本的な蹴り方なのですが、初めてには非常に難しい蹴り方なのです。

その理由として、普段足の内側を正面に向けて足を動かすことがあるでしょうか?

このような動きは普段からしないため足のコントロールがうまくいかず、うまく体のバランスもとれないため非常に窮屈な動きになります。

ではインサイドキックの蹴り方ですが、まずボールの横や少し後ろの無理のない体勢の所に軸足の膝を軽く曲げて踏み込み、ボールをしっかり見て土踏まずの少し上辺りでボールの中心を蹴ります。

この時に軸足のつま先が蹴りたい方にしっかり向いていなければいけません。

そして次に大事なのが体の向きになります。

体の向きも「へそ」を中心に上半身もしっかりと軸足と同じ方向へ向けることです。

足の内側を正面に向けて動かすので上半身もしっかりバランスがとれていないと正確なボールを蹴ることができません。

また、その時に蹴り足をしっかり押し出すように振り抜くことが重要です。

インサイドキックの場合、足でボールを押し出すようにしっかり振り抜かないとボールに力が伝わらないからです。

そして、インサイドキックだけではないのですが、ボールを蹴るミートの瞬間に力を入れることです。

最初から体に力が入っていると、蹴る時のバランスが悪く、特にインサイドキックのような蹴る時のバランスが重要な蹴り方では、ボールを強く蹴ることができないのです。

ボールを蹴るポイントについては、ボールの下を蹴ってしまうとボールが浮いてしまうため、ミスキックになることが多いため気を付けなければいけません。

インサイドキックを強く蹴るコツ!

インサイドキックの練習方法としては、1人で自主練をするのには、的当てがいい練習になります。

壁にシールなどで目印を付けて、そこを目標に蹴り続けることで正確なインサイドキックを蹴れるように練習します。

ここで重要なのは、蹴り方をしっかり確認することです。

ボールの中心から少し上の方を蹴るとボールを浮かないようにすることができます。

インサイドキックで正確なボールを蹴るには、軸足や体の向きをしっかり蹴る方向へ向けて、ボールをミートする瞬間に足首を固定し力を入れてボールを押し出すようにすることです。

まとめ

サッカーにおいて、インサイドキックを正確に蹴るコツは、軸足や体の向きが重要で、ボールの中心より少し上を蹴るようにするとボールが、しっかりゴロで転がります。

蹴る時のポイントは、力まないようにしてボールを蹴るミートの瞬間にしっかり力を入れてボールを押し出すように蹴ることです。

サッカーに近道はありません、まずは、何度も繰り返し蹴る練習をすることが重要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!