サッカーでシュートの成功率を上達させるコツ

サッカーは、点を取られなければ負けることはありません。

でも、同じように点を取らないと勝つことができず、1点でも相手より多く点を取ることが求められます。

サッカーの試合は、お互い力が拮抗しているチーム同士では、1点がカギになり、いかにシュートを少ないチャンスで成功させられるかがポイントです。

日々のトレーニングで少ないシュートチャンスでもものにできるように、シュートの上達がチームの勝利のカギとなります。

シュートを上達させ、シュートの成功率を上げるためにはどのような取り組みが必要でしょうか?

シュートの成功率を上達させるには!!

サッカーではゴール前まで攻め込んで、いざシュートを打つ時にゴールキーパーが立ちはだかります。

せっかく、攻め込んでも最後のシュートの質が良くなければゴールキーパーに簡単に防がれてしまいます。

基本的にシュートを打つ時は、インステップキック(足の甲)で蹴ります。

インステップキックは、速くて力強いシュートを打つことができるため、まずはインステップキックを上達させることがポイントです。

また、インサイドキック(足の内側)もゴール前ではシュートを打つために使うことができます。

インサイドキックは、普段はパスに使いますが、「サッカーではシュートはゴールへのパス」とも言われるようにその正確性からコースを狙ったシュートにもなります。

このようにインサイドキックもしっかり蹴れるように上達させることがシュートの成功率に繋がります。

インステップキックもインサイドキックもたくさん蹴ることが上達するための近道です。

ボールタッチと同じように繰り返し練習することで、自分の感覚を掴みシュートも上達していきます。

ゴール確率が上がるシュートコース!!

ゴールキーパーの苦手なシュートコースなどをしっかり狙うことでシュート成功率は上がります。

サッカーでは、少ないシュートチャンスを活かすためにもシュートの上達は必ず必要です。

シュートを打つ時に、ゴールキーパーがいる場合でも、ゴールの確率が上がるシュートコースがあります。

通常ゴールキーパーが、ゴール正面に立っている場合にシュートを狙うコースは、ゴールの左右の上下の隅です。

このコースにシュートが飛んだ場合、どんなにうまいゴールキーパーでも止めるのは困難です。

逆にゴールキーパーが最も止めやすい場所は、ゴールキーパーが両手を広げて、肩の高さから膝の高さの間にきたシュートは比較的止めやすい場所になります。

このようにゴールキーパーが取りにくいコースをしっかり狙うことでゴールの確率が更に上がります。

後は、ペナルティーエリアやゴールエリアの角からゴールの逆サイドを狙うシュートが比較的シュートの成功確率が高くなります。

例えば、右のペナルティエリアの角付近からゴールの左隅を狙うようなシュートです。

少しゴールへの角度がありますが、インフロントキック(足の内側つま先寄り)でカーブを掛けるシュートです。

このコースからのシュートは成功率が高いので、繰り返し練習して感覚を掴みシュートを上達させることで大きな武器になります。

まとめ

サッカーでは、シュートの上達が試合で勝利できるかの大きなカギです。

まずは、シュートを打つコースやゴールキーパーが苦手なコースを知ることでシュート成功率が高くなります。

シュートの上達には、何度も繰り返しボールを蹴ることが一番の近道です。

しっかり練習して自分の感覚を掴み、1点でも多く点を取ってチームが勝てるように練習が必要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!