見てる人を魅了するオーバーヘッドキックの練習方法

サッカーでオーバーヘッドキックというとアニメの世界だと思っていました。

でも、そのアニメのオーバーヘッドキックに憧れて子供ながらにどうやったらオーバーヘッドキックができるか友達と練習したのを思い出します。

今、プロの試合や代表の試合など世界のサッカーを気軽に観る事ができる環境にあります。

そこで、プロ選手のプレーでーオーバーヘッドキックでのゴールシーンを観る事もあります。

子供の頃にアニメだけの世界だと思ったプレーを実際に観る機会が来るとは不思議な感覚ですが、逆にオーバーヘッドキックってできるんだと感動します。

では、子供ながらに練習したオーバーヘッドキックを大人目線から考えてみたいと思います。

オーバーヘッドキックを使う場面は?

まず、オーバーヘッドキックをする場面はどこでしょうか?

一番は、攻撃の選手がゴールの目の前で自分の頭上を越えるようなボールが飛んできて、ボールコントロールができないような時に、瞬時にオーバーヘッドキックをしています。

守備側の選手も同じような場面で、ボールコントロールができず、瞬時の判断でオーバーヘッドキックでクリアをするという場面もあります。

どちらも最初から狙ってオーバーヘッドキックをしている訳ではなく、その場の瞬時の判断だという事です。

オーバーヘッドキックの練習方法!

オーバーヘッドキックは、簡単にできるプレーではありません。

練習する場合は、まず、自分でボールを上に投げたりバウンドさせて空中にあるボールの落下地点を見極めます。

そして、片足で地面をしっかり蹴りその足を振り上げ、逆の足でボールをとらえます。

体を空中に投げ出しているため、腕などでしっかり受け身をとります。

練習する場所は、砂場や芝生の上など柔らかい場所がいいと思います。

オーバーヘッドキックのメリットとデメリット!

まずメリットとして言えるのは、高くてコントロールできないボールを素早くゴールにシュートできるという事です。

逆にデメリットとしては、正確なコントロールは難しい事、空中に体を投げ出すため着地の時にケガをしてしまう可能性がある事、また、ゴール前は密集しているので守備が頭でクリアしようとしているところでオーバーヘッドキックをしてしまうと自分がファウルをとられてしまう事などです。

このことからもデメリットの方が多いような気がします。

まとめ

サッカーでオーバーヘッドキックは、たくさんの人を魅了するスーパープレーですが、誰でも簡単にできるプレーではありません。

オーバーヘッドキックは、練習をする場合でもケガをしてしまうというデメリットもあり、オーバーヘッドキックの練習をしてまで試合に使う必要はないと思います。

ただ、ゴールを決めるという強い気持ちや瞬時の判断からオーバーヘッドキックというスーパープレーが生まれるのかもしれませんね。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!