サッカーで強いシュートを打つためのインパクトのポイント

スポーツニュースなどを見ているとサッカーで豪快なシュートを決める場面を見る事があります。

プロの選手のプレーなら当たり前のようにも思いますが、高校サッカーや少年サッカーでも大人顔負けのシュートを見る事があります。

これは単純に大人だからとかプロだからというものではなく、シュートの打ち方にコツがあります。

サッカーで強いシュートを打つためには、どのようなコツがあるのでしょうか?

シュートを打つ時のコツ!

大人が力任せにボールを蹴っても、ボールをしっかりと蹴る事のできる小学生より飛距離などを出す事はできません。

ボールを蹴るインパクトの瞬間にいかにボールに力をうまく伝えるかという事が重要になります。

ボールを蹴る基本的な流れとしては、「軸足の置く位置や向き」、「ボールの中心をインステップ(足の甲)キックでしっかり蹴る」、「蹴った足をしっかり振り抜く」という流れです。

基本的な流れはこれですが、サッカーを始めたばかりの人やサッカーをした事のない大人がこの流れでボールを蹴ってもうまく蹴る事ができないのです。

最近では、サッカーをしている子供達でもなかなかうまく蹴れない子を見る事があります。

ポイントとしては、ボールを強く蹴りたい、遠くに飛ばしたいという気持ちが先行してしまい体のいろんなところに無駄な力が入っている事が多いため、ボールを蹴る瞬間まで力を抜くというのがポイントです。

子供の頃に弓矢で遊んだ事のある人は、わかると思いますが弓の本体が硬いものだと「しなり」がでないので矢が全然飛ばないのです。

それと同じくボールを蹴る時に、体や特に「蹴る足」に最初から力が入った状態だと足の「しなり」を利用した蹴り方ができないのです。

蹴る時の足の「しなり」は蹴り足を振り上げた時です。

このことからボールを蹴るインパクトの瞬間までは体全体を力まないようにして、体全体の「しなり」を利用してボールを蹴ります。

インパクトの瞬間に重要な事は

シュートをする時に力まないようにする事は力をボールへ伝えるのに必要ですが、もう1つ重要な事があります。

それはボールを蹴るインパクトの瞬間に「足首をしっかり固定する事」です。

足首に力が入っていないグラグラの状態でボールを蹴ってもせっかくの力が最後でボールに伝わらないからです。

ボールをバウンドさせた時に、砂場の場合はボールの力を吸収してボールは弾みませんが、コンクリートのような硬い所では力が強く反発しボールは高く弾みます。

これと同じくインパクトの瞬間に足首が固定されていないと力はうまく伝わらず、足首をしっかり固定してインパクトする事でボールに力を伝える事ができ強い反発力が生まれます。

そしてその蹴った足をしっかり最後まで振り抜く事も最後までしっかり力を伝えるために重要な事です。

まとめ

サッカーのシュートで大事な事は、蹴るインパクトの瞬間に体に全体に無駄な力を入れず、逆にインパクトの瞬間は足首をしっかり固定して蹴る事でボールに力を伝える事が重要です。

リラックスしてインパクトの瞬間に力を入れるというのは、野球やバレーなどボールを打つという競技で共通して言える事だと思います。

普段の練習からたくさんボールを蹴り、いつでも自然体でボールを蹴る事ができれば、プロのようなすごいシュートができるようになると思います。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング