少年サッカーでシュートをふかさないためのポイン

サッカーの試合でゴールシーンは一番の見せ場です。

チームみんなで繋いだボールをゴールに決めた瞬間は言葉ではいい表せないくらい最高の瞬間です。

逆に、この大事に繋いだボールを簡単にシュートしてふかしてしまい、ゴールの枠外に飛んでいくシーンはチームの集中力が欠ける瞬間でもあります。

では、どうしたらゴールに確実に繋がっていくのでしょうか?

シュートを打つには「ゴール~ボール~ゴール」!

そうは言っても、選手みんな適当にシュートを打っている訳ではないのは分かっています。

代表選手やプロ選手もシュート外してしまうように、少しの体のズレやタイミングのズレで外れてしまうのです。

それでもシュートをふかさず、しっかりゴールに決めるため少年サッカーから練習していかなければいけません。

少年サッカーでシュートの練習をする時に、まず「ゴール~ボール~ゴール」と教えます。

これは、まずシュートを打つ前に、ゴールを確認する事です。

キーパーのポジショニングやゴール前の相手の守備位置を確認するために重要な事で、今の自分の位置からどこにボールを運んでシュートをするかの判断になります。

次にボールです。

止まっているボールをシュートするのは簡単ですが、試合中のドリブルやパスなど動いているボールをシュートするのでグランドの状況(雨で濡れていたり、グランドによってはデコボコ)を確認することもふまえてボールを見ます。

最後にまたゴールを見ます。

もう一度シュートのコースを確認するためです。

ここまでをシュートを打つ準備として教えます。

シュートの時は身体をかぶせる事!

身体をかぶせる!と言われてもよくわからないと思いますが、簡単に言うと少し前に身体を傾ける事です。

シュートは軸足の位置や身体の傾きで高さをコントロールする事ができます。

軸足については、ボールの後ろに踏み込むとボールが浮きますが、ボールの横や少し前に踏み込むとボールが浮きません。(蹴り方はインステップの場合です。)

同じように身体が後ろに少し倒れた状態だとボールが浮いて、少し前に傾けるとボールが浮かないように蹴る事ができます。

シュートを打つ時には、特に軸足やこの身体の傾きに気を付けなければゴールの枠には飛んでいきません。

まとめ

シュートを打つ時は「ゴール~ボール~ゴール」でシュートを打つ前の確認をします。

そして、軸足をボールの横又は少し前に踏み込み、身体を少し前に傾けます。

少年サッカーにおいても普段の練習から取り組むことが重要です。

シュートはふかしてしまえば、ボールは相手ボールになってしまいますが、シュートが枠内に飛べばゴールやまた味方のシュートへと繋がります。

みんなで繋いだボールを大切にゴールへと繋げたいですね。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!