サッカーで強烈なシュートを打つための足首の使い方

サッカーで注目を浴びるのがゴールを決めた時です。

サッカーを知らない人が、実際に試合を見に行ってもテレビを見ても誰が見てもわかるのがゴールが入った瞬間です。

得点できなければ勝利はなく、見ている人に一番注目される場面です。

サッカーは、どんな形であれゴールに入れば得点になりますが、速くて強烈なシュートを豪快に決めるのはシュートした本人は勿論、見ている人も気持ちがいいものです。

どうしたら強いシュートが打てるようになるのか?

本に書いてあったり、指導者が教えるのが、軸足の位置や向き~ボールの中心を足の甲(インステップ)でしっかり蹴る~蹴った足をしっかり振り抜くというのが基本的な流れです。

サッカーを始めたばかりの子供やサッカーをした事のない親には、イメージとしてしか理解できないと思います。

基本的な流れ通りにボールを蹴っても初めての子供は、ボールへの力の伝え方を知らないのでうまく蹴る事ができないと思います。

ポイントになるのは、足首がしっかり固定されているかどうかです!

ただ、足首の固定と言われてもなかなかイメージできないと思います。

例えば、砂の地面にボールをバウンドさせても力が吸収されてしまいあまり弾みませんが、コンクリートの地面にボールをバウンドさせると力を反発させ高く弾みます。

これと同じで足首が固定されていないグラグラの状態でボールを蹴ってもボールに力が伝わらず強いシュートを打つ事はできません。

足首をしっかり固定することで、強い力をボールに伝える事ができます。

足首の固定の仕方!

まず、ボールを蹴る足をまっすぐ伸ばして親指に力を入れます(足の指で物を掴むような感じと伝えたりもします)。

その姿勢の時に、他の人に足首を動かしてチェックしてもらい、前後、左右に動かない事が重要です。

初めのうちは、この状態をしっかり覚える事です。

強いシュートを打ってみよう!

足首の固定をイメージしてシュートまでの一連の動きの練習をします。

基本の流れは最初に書いた通りです。

軸足は、ボールを蹴るのに無理のない体勢の所に踏み込み、つま先はしっかり蹴る方向へ向けます。

足首をしっかり固定した状態で、ボールの中心を足の甲(インステップ)でしっかり蹴ります。

助走でつけた力をしっかりボールに伝えるため、蹴った足をしっかり振り抜きます。

これが強いシュートを打つ流れになります。

最初のうちは、ゴールに近い距離で蹴る練習を何回もして感覚を覚える事が重要です。

最初から長い距離の練習をすると、ボールを遠くに飛ばす事に意識が向いてしまい、力が入りすぎてうまく蹴る事ができなくなります。

これが、蹴るフォームを崩してしまう原因にもなるので注意をしてほしいところです。

この感覚をしっかり覚えてから蹴り方を工夫していくのもいいと思います。

例えば、軸足の位置を変えるとボールの飛び方も変わります。

ボールより前に踏み込むと低いボールを蹴る事ができ、少しボールより後ろに踏み込むと高いボールを蹴る事ができます。

サッカーを始める理由が、かっこよくシュートを決めたいという事からでもいいと思います。

その為には、まず基本のボールを蹴るという事が大切です。

その基本となる足首の使い方をマスターする事でサッカーがどんどん楽しくなりますよ。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!