インステップキックを蹴る時の上半身の使い方

サッカーにおいて、インステップキック(足の甲)とインサイドキック(足の内側)は非常に重要な蹴り方です。

この2つの蹴り方は、最低でも左右両足で蹴る事が出来なければなりません。

そのため、少年サッカーにおいても特に低学年時には、ドリブルと同じくらい時間をかけてしっかり練習する事で身につけさせます。

しかし、それでも中にはうまく蹴り方のコツを掴めず、インステップキックで強いシュートを蹴ったり、ロングパスやクリアをする事が出来ない子もいます。

では、インステップキックを蹴るコツはどうすればいいでしょうか?

インステップキックの蹴り方のポイント

まず、インステップキックを蹴る時に教えるのが、軸足の置く位置でボールの横か少し後ろにしっかり踏み込むようにします。

そして、蹴り足を大きく振り上げ、しっかり振り抜くように指導します。

ここで1つ目のポイントが、「足首の固定」です。

足首がグラグラしている状態でボールを蹴っても、ボールに力が伝わらずしっかり蹴れない原因の1つになります。

インステップキックで蹴る時は、足首をしっかり固定して伸ばし、つま先は少しグーをするように丸めると力が入って足首が固定されます。

この指導だけでうまく蹴れるようになる子もいますが、ポイントがもう1つあります。

意外と重要な上半身の使い方

基本的に指導をする時やサッカーの本などを読んでも下半身の動きしかポイントを教えていないのが多いです。

もちろん重要度から考えるとこの下半身の動きを重点的に教えていると思いますが、実は上半身の動きが下半身の動きとうまく噛み合わずインステップキックを蹴れない場合があります。

よく見るのが足の振りに対して、上半身の動きが小さく腰から下の力だけでボールを飛ばそうとしているために、うまく蹴れない場合です。

ボールに強い力を伝えるためには、上半身も使って体を大きく動かし、腰から下を回転させるように蹴り足を振り抜くという事が重要です。

上半身を大きく動かすというのは、右足で蹴る時は、左手を大きく前に振り出して、その手を戻す勢いと併せて蹴り足の右足を振り抜くという事です。

それに加えて、上半身はしっかり背筋を伸ばして、軸足を踏み込むときには、少し後ろに反らすような感じで、ボールを蹴るインパクトの瞬間に少し前に倒すようにして、上半身の動きも下半身に併せて体全体でボールに力を伝えます。

インステップキックを蹴る時に、どうしても蹴る足など下半身にポイントを併せますが、このように上半身の動きも重要な役割をしています。

下半身のポイントだけでうまく蹴れる子は、普段から上半身の使い方がうまくできている子で、蹴れない子はアップをする時にステップワーク(サイドステップなど)をさせるとうまくバランスがとれない場合があります。

まとめ

インステップキックを蹴る時に、軸足や蹴り足に気を付ける事も重要ですが、上半身の動きも連動させることでしっかりボールを蹴る事ができます。

インステップキックがうまく蹴れない時は、上半身の動きにも気を付けて体全体を使って蹴ろうとしているかもう1度確認をする事も必要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!