インサイドキックを強く蹴るためのコツ!

インサイドキック(足の内側)は、インステップキック(足の甲)と同じくらいサッカーにおいて重要な蹴り方です。

サッカーを始めてすぐに教えてもらうのもインサイドキックです。

インサイドキックは足の内側で蹴るため、インステップキックのように蹴り足を真っすぐ上げてそのまま蹴るのとは違って、足を少し開いて蹴るため、強く蹴る事が難しい蹴り方です。

しかし、頻繁に使う蹴り方なのでしっかり蹴れるようになりたいです。

インサイドキックの蹴り方

基本的な教え方としては、無理のない体勢の所に軸足を踏み込み、ボールをしっかり見てくるぶしの下辺りで蹴ります。

その時に足をしっかり振り抜く事が重要です。

足をしっかり振り抜かないとボールに力が伝わらないからです。

インサイドキックを強く蹴るコツで重要ないくつかのポイントを説明すると、まず軸足を蹴りたい方向にしっかり向けている事です。

軸足の方向が蹴りたい方にしっかり向いていなければ、ボールへ力が伝わらないため強いボールを蹴れないのです。

体の向きも重要で体の中心「へそ」もしっかり軸足と同じ方向へ向ける事です。

インサイドキックは、足の内側を少し開いて蹴るため上半身もしっかり蹴る方向を向いていることが重要です。

そして、すべての蹴り方に共通している事ですが、ボールを蹴るインパクトの瞬間に力を入れる事です。

初めから体に力が入っていると、蹴る時のバランスも悪く、特にインサイドキックのように蹴る時のバランスが重要な蹴り方では、ボールを強く蹴る事ができないのです。

ボールの蹴る位置については、ボールの下を蹴ってしまうとボールが浮いてしまったり、キックミスになってしまう事があります。

ボールの上を蹴ると、力をボールに強く伝える事ができません。

ボールの中心から少し上を蹴る事で、ボールが浮くことを抑えることができ、ボールへ一番力を伝える事ができます。

インサイドキックを強く蹴る練習

インサイドキックの練習方法としては、1人の場合は壁当てもいい練習になります。

壁にシールなどで目印を付けて、そこを目標に蹴り続ける事ができるようにします。

ここで重要なのは、蹴り方をしっかり確認する事です。

ボールの中心から少し上の方を蹴ってボールを浮かないようにする事、軸足や体の向きをしっかり蹴る方向へ向ける事、ボールを蹴るインパクトの瞬間に力を入れるようにする事です。

これらの事がしっかりできていれば、壁に当てたボールも真っすぐ自分のところへ返ってくるようになるので、これを何回も繰り返して続けられるように練習をする事です。

それと併せて距離を少しづつ遠くしていく事で、遠い距離にも正確にボールを蹴る事ができるようになってきます。

まとめ

インサイドキックを強く蹴るコツは、軸足や体の向きが重要で、ボールの中心より少し上を蹴る事です。

蹴る時に、力まないようにしてボールを蹴るインパクトの瞬間にしっかり力を入れる事です。

まずは、何度も繰り返し蹴る練習をすることが重要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!