いろんな場面で使えるチップキックとは?

サッカーでは、いろいろな蹴り方があります。

強いシュートを打つ事ができるインステップキックや正確なパスに使えるインサイドキックなど状況に応じていろんな蹴り方を使い分けます。

その中でもゴールキーパーとの1対1になった時に、ゴールキーパーの頭上をふわっと抜くようなボールを蹴ったり、ボールを浮かしてディフェンスの頭上を越えて味方へのパスを通す場面を観る事があります。

この蹴り方は「チップキック」と言われていて、チップキックとは「ループシュート」や「ループパス」とも言われています。

更にはペナルティーキックで、ゴールキーパーは速いシュートに備え、キッカーが蹴ると同時に動きますが、それを逆手にとってチップキックで決めているのを観た事もあります。

ではチップキックとはどのように蹴るのでしょうか?

チップキックの蹴り方!

チップキックとは、インステップキック(足の甲)よりつま先でボールの下をすくい上げるような感じで蹴ります。

この時、足首を伸ばさないで90度くらいに曲げたまま、ボールの下につま先を滑り込ませるように蹴ります。

軸足については、ボールの真横に踏み込んでしまうと、うまくボールが浮かないのでボールの少し後ろに踏み込みます。

そして、上半身が前かがみになっていてもボールが浮かないため、少し後ろに上半身を反らすとボールが浮くようになります。

蹴り足については、大きく振り抜くのではなく、膝から下を軽く振り上げてそのままボールの下につま先を滑り込ませて、ここで他の蹴り方と違うのは大きく振り抜かないという事です。

つま先がボールの下に入ったところでスイングを止め上にあげるような感じです。

このようにチップキックとはつま先でボールの下をすくう蹴り方という事で足がボールに接する面積が小さく、しかも動きながらとなるとコントロールが難しくミスキックになる事も多い蹴り方です。

しかし、この蹴り方ができる事で試合の中でのプレーの選択肢も広がります。

チップキックの練習方法

チップキックとはこのようにミスの多い難しい蹴り方のため、まして試合中はボールも動いているため使うにはしっかりとした練習が必要です。

まずは、ボールを浮かす感覚を覚える事です。

止まっているボールの下につま先を滑り込ませる感覚が重要で、バックスピンをかけてボールを浮かせるような感じです。

地面を少し削るように上の方へ振り上げる蹴り方になります。

そのため、何度も軸足の立ち位置や蹴り足のスイングを練習する事が重要です。

それから少しづつチップキックでコーンを越えさせたり、短い距離のドリブルを入れながらチップキックをしたりなど動きながらでも高さを出せるようにしていきます。

まとめ

チップキックとは、つま先をボールの下に滑り込ませるように上に振り上げる蹴り方で、とても難しい蹴り方です。

しかし、この蹴り方を使えるようになる事で、ゴール前での1対1でゴールキーパーを躱してゴールを決めたり、ディフェンスの頭上を抜くパスを送ったり、更にペナルティーキックでも使う事ができます。

難しい中でも様々な場面で使う事ができるチップキックを使いこなせるようになりたいですね。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!