上手にインステップキックを蹴れない時の教え方!

サッカーを始めて、最初に教わるのがインステップキックやインサイドキックです。

低学年のうちは、しっかり当てる事を重視して練習をしますが、だんだん高学年になってくるとボールの飛距離やシュートの強さを気にするようになってきます。

インステップキックが全然遠くに蹴れないというのを子供達から聞いたり、実際に見たりします。

力のあるなしに関係なく、大人でもうまく蹴れない人もいますし、低学年の子でも遠くまでボールを蹴れる子もいます。

ポイントになるのは蹴る瞬間の力の入れ方や蹴る位置などいろいろ原因は考えられます。

では、どうしたらインステップキックが「蹴れない」から「蹴れる」ようになれるでしょうか?

インステップキックの蹴り方

基本的なインステップキックの蹴り方の流れは、軸足は、ボールを蹴るのに無理のない体勢の所に踏み込み、つま先はしっかり蹴る方向へ向けます。

足首をしっかり固定した状態で、ボールの中心を足の甲でしっかり蹴ります。

助走でつけた力をしっかりボールに伝えるため、蹴った足をしっかり振り抜きます。

蹴れない人の場合、最初から体に無駄な力が入っている場合が多いです。

ボールを遠くに飛ばすことを考えすぎて力んでしまい、逆にボールへ力が伝わっていなかったり軸足の位置などがズレたりしているのです。

ポイントとしては、ボールを蹴るインパクトの瞬間に力を入れる事が大切です。

初めから力が入っていると、体の動きが制限されてしまい、蹴り足の振り上げが十分ではなかったり、ボールを蹴る時の足の振りも力が入ると、うまく振り抜く事ができません。

足の力みだけではなく、上半身についても大切で上半身にも無駄な力が入ってしまうとバランスが崩れてしまいうまく蹴れません。

蹴れないから蹴れるようになる練習

蹴り方のイメージは、このような感じでいいと思いますが、やはり実際に蹴る事が一番最短の方法です。

インステップキックの時に、蹴れない人の場合、ボールに対して足の甲を垂直(真っすぐ)に蹴っている場合があります。

足の甲が真っすぐに入っているとボールが浮かないため、必然的に遠くに蹴れません。

ボールに対して少し斜めに足の甲を当てる事が大切です。

そしてボールの中心の少し下の方を蹴るようにします。

練習方法としては、地面に置いているボールを蹴るのが難しい場合は、マーカーなどを使って少しボールを浮かした状態にします。

最初のうちは、蹴れない人の場合、地面を蹴ってしまうのを怖がってボールの真ん中や少し上の方を蹴ってしまう事があるため、少し浮かす事でその不安をなくして蹴りやすくします。

まずは蹴る感覚を掴むために、遠くに蹴るイメージではなく、近くの目標に向かって蹴る事でボールの蹴る位置や力の入れ方を覚えるようにします。

そこから徐々に距離を伸ばしていく事で、自然と体の力みも取れてくると思います。

まとめ

インステップキックを蹴れないから蹴れるようになるには、ボールにしっかり力を伝える事です。

余計な力を体に入れず、インパクトの瞬間に力を入れ、しっかり振り抜く事です。

初めから遠くに飛ばすことを意識せず、まずはしっかり蹴り方を覚える事です。

何回も何回もボールを蹴って、自分にあったフォームや蹴る位置を見つける事が大切です。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング