パスからシュートまでいろいろ使えるインサイドキックの教え方!

サッカーを始める時に、まず最初に教わるのがインサイドキックです。

このインサイドキックと言うのは、初めに教わる蹴り方ですが、実は難しい蹴り方でもあります。

同じようにシュートをする蹴り方としてインステップキック(足の甲)も初めのうちに教わりますが足の甲でボールを蹴るため、そこまで難しい蹴り方ではありません。

その点、インサイドキックは足の内側(くるぶしの下)で蹴るためいろんなポイントに気を付けなければ、うまくボールを蹴る事もできません。

しかし、サッカーをする上で最も重要な蹴り方でいろいろなプレーに使える事からしっかり確認したいと思います。

インサイドキックの教え方

基本的な教え方としては、軸足を無理のない体勢の所に踏み込み、ボールをしっかり見てくるぶしの下辺りで蹴り、その足をしっかり振り抜きます。

教え方で重要ないくつかポイントを説明すると、まず軸足を蹴りたい方向にしっかり向けている事です。

軸足の方向が蹴りたい方にしっかり向いていなければ正確に蹴る事ができません。

この時、「へそ」もしっかり軸足と同じ方向へ向ける事も大切です。

そして、ボールを蹴る足はしっかり固定し(足の親指に力を入れて、かかとを前に押し出すような感じ)、初めは蹴り足を大きく振ろうとせずに、しっかり当てて押し出すようにします。

インサイドキックは、「正確なキック」、「味方へのパス」として使われ、その練習方法の一つに、コーンを5m、10m、15mと三種類を目標として設定し、インサイドキックでコーンを狙い当てるというゲーム形式の教え方も取り入れると子供達にはいいと思います。

更に、このインサイドキックの教え方の流れで練習して欲しいのが、「ボールを蹴った足を次のプレーへ繋がる一歩」にして欲しいという事です。

どういう事かというとサッカーの中で「パス&ゴー」という教え方があります。

パスという動きで終わるのではなく、パスを出した蹴り足をそのまま次の動き出しへの一歩目に繋げて欲しいのです。

これは、サッカーをしていく上で、非常に重要な事でこれができるかどうかで後々他の選手と差がでます。

パスだけではないインサイドキック!

インサイドキックは正確なパスの蹴り方としてよく使います。

そこでこのインサイドキックをペナルティエリアやゴールエリア内でのシュートとしても使います。

このエリアでは、強いシュートを打たなくてもディフェンスやキーパーの位置を見て、インサイドキックで正確にゴールを狙うという方法もあります。

よく「シュートはゴールへのパス」と言われます。

ゴールへパスをする感覚でコースを狙ってコントロールされたインサイドキックは、かなりゴール確率の高いシュートになります。

インステップキックで蹴った豪快なシュートもインサイドキックで蹴った狙いすましたシュートもゴールすれば同じ1点です。

状況に応じてゴール確率の高い蹴り方を選択する事が大切です。

まとめ

インサイドキックは、サッカーを始めて最初に教わる蹴り方ですが、しっかりポイントを押さえて蹴らないとうまく蹴る事ができません。

また、このインサイドキックを極める事でパスやシュートとして使うことができ、その正確性から確実にゴールに結びつける事ができれば大きな武器になります。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!