サッカーを始めるにはまずここから!インサイドキックの教え方

子供達が公園でサッカーをしていて、ボールが足元に転がって来たらどうやって返しますか?

手で拾って投げるのは別として、ほとんどの人が蹴って返そうとするはずです。

その時の蹴り方は、サッカー経験者やそうではない人でも無意識にインサイドキックで返しています。

それだけインサイドキック=近くにいる人への蹴る手段として使われています。

実は難しいインサイドキック!

公園でボールを返す場面でよく目にするのが、取りに来ている子供達とは全然違う方向に飛んでいって「ごめんね」と謝っている姿です。

ここからもわかるように簡単に蹴れるようで実は難しい蹴り方がインサイドキックなのです。

サッカーでもパス=インサイドキックというのが基本で、サッカーを始めてすぐに教えてもらう蹴り方の一つです。

最初に教わる蹴り方のもう一つに足の甲でボールを蹴るインステップキックがあります。

このキックは、シュートをしたり遠くにボールを蹴りたいときに使う蹴り方です。

足の甲で蹴るため、比較的簡単にボールを蹴る事ができます。

しかし、インサイドキックは、その名の通り足の内側で蹴るため、軸足や体の向き、バランス、足の振り方などいろいろな点に気を付けなければうまく蹴る事ができません。

インサイドキックの教え方

基本的な教え方としては、軸足を無理のない体勢の所に踏み込む~ボールをしっかり見てくるぶしの下辺りで蹴る~蹴り足をしっかり振り抜くです。

軸足は、蹴りたい方向にしっかり向けて、この時上体もしっかり蹴る方向へ向け(へそと軸足を同じ方向に向ける)、ボールを蹴る足はしっかり固定し(足の親指に力を入れて、かかとを前に押し出すような感じ)、初めは蹴り足を大きく振らずしっかり当てて押し出すようにします。

インサイドキックは、正確なキックとして使われ、その練習方法の一つに、コーンを5m、10m、15mと三種類の目標を設定してインサイドキックで狙いコーンに当てるという練習があります。

更に、このインサイドキックの蹴り方の流れで練習して欲しいのが、最後ボールを蹴った足を次のプレーへ繋がる一歩にして欲しいという事です。

どういう事かというとサッカーの中でパス&ゴーという言葉があります。

「パスを出す」という動きで終わるのではなく、パスを出した蹴り足をそのまま次の動きの一歩目にして欲しいです。

これは、これからサッカーをしていく上で、非常に重要な事でこれができるかどうかで他の選手との差がでます。

いろいろ使えるインサイド!

何回も書きますが、インサイドキックは正確なパスとしてよく使いますが、ペナルティエリアやゴールエリア内でのシュートにも使われます。

これらのエリア内では、強いシュートを打つだけではなく、ディフェンスやキーパーの位置を見て、インサイドキックで正確にゴールを狙うという方法もあります。

よく「シュートはゴールへのパス」と言われたりします。

また、ボールを止める(トラップ)の技術としてもインサイドを使います。

このようにインサイドキックはサッカーを始めるのに、まず最初に練習するもので、サッカーの中で最も重要な蹴り方と言えます。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!