【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。【レビュー】特典付

ゴール前の決定的なチャンスで豪快なシュートを決めれば、チームもゴールを決めた子もどんどんいい雰囲気になり試合を優位に進める事ができます。

しかし、シュートを外してしまうと一転チームの士気も下がっていき、プレーに集中があまり見られなくなり、周りとしても見たくない光景です。

私は、地元で子供達にサッカーの指導をしていますが、子供達には「失敗を恐れずチャレンジをしなさい」と常に声を掛けています。

しかし、シュートの失敗やゴール前でのミスは、後々までプレーに影響します。

シュートの失敗が1回なら子供達も次があると切り替えてプレーしていますが、それが2回3回と回数が増えるにつれてどんどん消極的なプレーに変わっていきます。

それが、試合終了が近づくにつれ、どんどん焦りに変わりいいプレーがでなくなって、仕舞には失敗を恐れて自分からシュートを打つ事をしなくなり、自分の方がゴールを決めるチャンスなのに他の子へのパスを選択してしまうという場面も見られます。

あなたのお子さんはどちらでしょうか?

自分からシュートに行きますか?

それともより確実なチームメイトにパスをしますか?

この問題を解決するための参考にするいい教材が、「城彰二ゴールからの逆算」です。

チームのストライカーを目指す!!

チームの指導者によって考え方は様々だと思います。

私がチームの子供達に、「失敗を恐れずチャレンジしないさい」と声を掛けるのは、ドリブルで積極的に仕掛けるという意味とゴールを意識して常にシュートの意識を持つようにという意味があります。

これは普段の練習からいつも伝えている事です。

私が子供達に求めるのは、それぞれがチームのストライカーいわゆる点取り屋を目指して欲しいという事です。

強いチームほどゴールへの意識が非常に高く、フィールドのどこにいてもまず「ゴール=得点」を優先に意識しています。

距離があっても常にゴールを狙って仕掛けたり、シュートを打ったりします。

ゴール前では特に積極的にシュートを打って欲しく、そうする事で相手の守備にもプレッシャーを与える事も出来るからです。

しかし、シュートを打つにはそれなりの準備が必要でその準備が非常に難しいのです。

そこで、この「城彰二ゴールからの逆算」という教材が私の持っている選手のイメージにピッタリでした。

この「城彰二ゴールからの逆算」という教材は、その名の通り元日本代表でチームのエースストライカーだった城彰二氏がわかりやすく丁寧に、そして自分のプロで培ったノウハウをおしげもなく教えています。

高校サッカーでは、鹿児島の名門鹿児島実業高校で全国高校サッカー選手権でベスト4に入り、プロではジェフユナイテッド市原でデビュー戦から連続してゴールをあげて注目を浴びました。

日本代表としてオリンピックにも出場し、当時、世界の誰もが驚く事になるサッカー王国ブラジルを破る「アトランタの奇跡」のメンバーでもありました。

その後は、A代表にも入るようになり、日本が初めてW杯に出場した際にエースストライカーとして招集されW杯に出場していました。

また、その後はサッカーの国スペインでもプレーされていて世界でも知られるストライカーでした。

その城彰二氏が教える「城彰二ゴールからの逆算」という教材は、言えばプロで長年培ってきた技術で、世界で通用する技術をこの教材の中で教えているのです。

また、サッカーの指導者としてもサッカー指導者ライセンスでトップのS級ライセンスも取得され、実際プレーしながらの説明は非常にわかりやすい内容です。

私も普段の練習から子供達にゴールを意識したシュートの練習などさせていますが、やはり大事なのはシュートまでいく「動き=準備」で、そこにはいろいろな駆け引きがあります。

その駆け引きを世界のトップレベルで続けてきた城彰二氏の動きは必ずストライカーへと導いてくれるものです。

ストライカーとしての自信をつける!!

この「城彰二ゴールからの逆算」という教材は、常にゴールを意識した内容になっていてシュートまでの流れをより詳しく教えてくれます。

子供達が、「なぜゴール前でシュートを打たないのか?」やはり自分のシュートに自信がないからだと思います。

シュートを打つ前に、ディフェンスに囲まれてしまったり、シュートまでのボールの受け方が悪くシュートのタイミングを逃してしまったり、シュートを打ってもいいシュートが打てなかったり、シュートがゴールの枠を捉える事ができなかったりとシュートへのいいイメージを持てない事も1つの要因だと思います。

何度も言うように、シュートまでの「動き=準備」に関してこの教材では非常に丁寧に紹介されています。

私達指導者が子供達に教える動きを城彰二氏が自ら動きながら、そして更に自分の培った経験を付け加えながら指導しているため、実際の動きを見ながらポイントを抑える事ができ、何度も繰り返し説明をしてくれています。

この「城彰二ゴールからの逆算」という教材では、DVD3枚で構成されていて、ただサッカーに関する技術を淡々と説明したり、普段からチームの指導者が言っているような基本的な内容ではなく、本当に世界で活躍したプロの技術を紹介しています。

この教材は、ストライカーとしてのすべてが詰まっているものになっていて、常に実戦で使える事が意識されています。

例えば、自分がボールを受ける時にどのようなボールコントロールを意識すればいいのかやリフティングを利用してのボールをミートする時のポイントの確認です。

普段の練習では意識していないポイントを細かく説明しています。

一番大切なシュートに関してもいろいろなポイントから教えています。

クロスをボレーで併せる時にゴールのどこを狙うかや城彰二氏が現役時代に得意としていたヘディングシュートの打ち方などは、私たちは子供にヘディングシュートはおでこに当てて叩きつけるというのを教えていましたが、しかし、それは練習でしかなく、実際の試合でフリーでヘディングをできる場面などほとんどありません。

相手選手からプレッシャーをかけられたり、そんな時に、おでこに当てて叩きつけるヘディングシュートは絶対できません。

城彰二氏も試合中は厳しいマークにあいながらもヘディングでゴールを決める高い技術を持っていますが、そこも自分の技をおしげもなく教えてくれています。

他にも1対1からの仕掛け方やシュートまでの流れ、ディフェンスとの駆け引きの仕方やくさびの受け方などストライカーになるための技術をしっかり教えてくれています。

ゴールでチームを勝利へ導く!!

ドリブルがうまい選手、華麗にパスを繋ぎ攻めてくるチームどれも素晴らしいですが、やはりサッカーは点を取らなければ試合には勝てません。

いかにゴールを意識しているかが重要になってくると思います。

しかし、ただ闇雲にシュートを打っても相手へのプレッシャーにはなりませんし、逆に味方の攻撃の士気の低下や自分のシュートへの自信をなくしてしまうかもしれません。

そんなシュートの悩みに特化したこの教材は、きっと自分のシュートに対する技術やゴール前で相手の脅威となる技術を身に付ける事ができるようになります。

城彰二氏が長年プロとして日本代表として世界で戦ってきた技術がこのDVDの中に凝縮されています。

まさしく「ストライカー=点取り屋」になるための教材ではないでしょうか。

城彰二ゴールからの逆算レビュー特典付バナー

オリジナル特典のご案内

オリジナル特典その1
『試合で大活躍できる!サッカー上達のコツ20』

オリジナル特典その2
厳選電子書籍 30冊セット

オリジナル特典その3
超優良級 電子書籍

※上記の特典をすべてプレゼントしています。

当サイトオリジナル特典の詳細はコチラをご覧ください⇒オリジナル特典の詳細







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング