少年サッカーでドリブルスピードを活かす方法

少年サッカーで、足の速い子がスピードを使ったドリブルで、相手のコートを駆け抜けゴールを決めるシーンをよく見ます。

少年サッカーは8人制なので、フィールドのスペースも広く活用することができ、ドリブルでの勝負も仕掛けやすくなっています。

特に、足の速いスピードのある選手はそのスペースを有効に活用することでチームにとっても大きな武器になります。

もちろん相手のチームもそういったスピードのある選手がいるチームに対しては、いろいろな対策を立てて勝負に挑んできます。

スピードのあるドリブルを活かすためには、どのようなプレーが必要か考えてみます。

スペースの確保!!

昔と違って今では少年サッカーは、8人制になっているため、フィールドのスペースを広く活用することができます。

スピードのある選手は、そのスペースを有効に使うことできれば、試合の勝敗に大きな影響を与えることでしょう。

スピードのある選手にとって必要なのは、まずしっかり自分のプレーするスペースを確保することが重要です。

ドリブルにしてもトップスピードでドリブルをするにはある程度のスペースがなければできません。

また、このようなスピードのある選手は相手チームも警戒してしっかりマークをしてくるので、いかに自分のスペースを確保するかです。

例えば、中央にわざと寄り、相手を引き付けてサイドにスペースを作ったり、逆にサイドでボールを待ちながら中央にスペースを作ったり、まずは自分のプレーエリアの確保をすることです。

常に動きながら(フリーランニングなど)、スペースを見つけ相手に仕掛けるタイミングをうかがうことが重要です。

緩急をつけるドリブル!!

少年サッカーで、このスピードを活かしたドリブルが非常に有効だとわかりますが、しかしスピードだけではなかなか通用しないこともあります。

ドリブルをしながらなので、ある程度のスピードのある選手がマークに付くと簡単には振り切れません。

それに、スピードを重視したドリブルはボールタッチが大きくなってしまうためボールコントロールが非常に重要になります。

ボールタッチについては、できるだけ細かなタッチでスピードのあるドリブルができるようになることです。

世界トップの実力のメッシ選手のトップスピードのドリブルでも繊細なボールタッチのドリブルは参考になります。

また、スピードのある選手は緩急をつけたドリブルがとても武器になります。

同じスピードでドリブルするのではなく、相手が付いてきたらスピードを落とし、相手がスピードを落としたらまたスピードを上げてドリブルをするだけでも違います。

このようにドリブルのスピードに少し緩急をつけるだけでも相手選手は守りにくくなります。

まとめ

少年サッカーにおいても、スピードのあるドリブルは大きな武器になります。

それを活かせるように、自分のスピードを活かせるプレーエリアを作り出し、ドリブルもただドリブルではなく、うまくスピードの緩急をつけたドリブルをすることで、もっと有効に使うことができます。

スピードを活かしたドリブルはチームを勝利に導く原動力となることでしょう。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング