サッカーでよく使うまたぎフェイントを仕掛けるポイント

サッカーでは、いろいろなフェイントがあります。

足技を巧みに活かしたフェイント、足裏を使ったフェイント、スピードの緩急を使ったフェイントや体の重心移動を使ったフェイントです。

そこで、試合で比較的使われることの多い、体の重心移動を使ったフェイントでまたぎフェイントについて考えてみます。

またぎフェイントとは!!

サッカーのフェイントでまたぎフェイントがあります。

その名の通り、ボールをまたぐのでまたぎフェイントといいます。

サッカーにそのまたぎフェイントとして「シザース」と「ステップオーバー」があります。

「シザース」というフェイントは、まずボールをアウトサイドで蹴るように見せ、その足でボールの前の方をまたぎ、またいだ足を軸足にして反対方向へ体の重心を移動します。

そのまたいだ足と逆の足のアウトサイドでボールを持ち出し、いっきに加速して相手を抜き去るというフェイントです。

ポイントは、大きな動きで相手の重心を崩すことで、相手が引っかかり重心が動いたらその逆にしっかりコントロールすることです。

このシザースを同じように2回繰り返すと「ダブルシザース」というフェイントです。

シザースというのは、足をはさみのように動かす事からその名前がついたようです。

次に「ステップオーバー」というフェイントは、まずディフェンスにボールを蹴るように見せかけます。

足を大きく振り出す動きを入れて、そのままボールをまたぎ、またいだ足を付くと同時に逆足で踏ん張ります。

上半身をひねりながら素早く身体を切り返して、またいだ足のアウトサイドで逆方向へボールを持ち出すというフェイントです。

このポイントとしては、ボールを蹴るフリをしてボールをまたぐのでボールスレスレで足をあまり上げないようにすることです。

そして、相手が引っかかるように動きも大きく速くすることが重要です。

また、またいだ後急激に体を捻らないといけないので、かなりの瞬発力が必要なことと、ディフェンスが動いたスペースにアウトサイドでボールを持ち出すため、スピードを上げたアウトサイドのタッチは少し強めにします。

どのような場面で有効なフェイントか!!

「シザース」は比較的フィールドどこのエリアでも仕掛けられるフェイントです。

コートの中盤付近での1対1や相手のゴール前でも有効に使えます。

しかし、相手のゴール前では時間を掛けることができないので、相手がシザースに引っかからない時は、すぐに別なフェイントを組み合わせるようにします。

「ステップオーバー」をサッカーの試合で有効に使うエリアとしては、タッチライン沿いからゴールに向かうペナルティーエリア付近が一番有効ではないかと考えます。

このエリアでは、まず中にいる味方にパスを出されたくないのと、縦に切り込まれたくないというディフェンスが守るための選択肢としてでてきます。

このため、仕掛ける時に、パスを出すような動きからステップオーバーを入れるとディフェンスは動きに引っかかりやすくなります。

同じように攻撃側もパスの動きに反応できなければパスを出したり、パスの動きに反応すればステップオーバーで突破していくという攻撃ができます。

ゴール前でのステップオーバーは、ある程度のスペースを必要とするため、素早くシュートまでいきたいゴール前ではあまり使いにくいと考えます。

このようにサッカーでは状況に応じた判断が重要になります。

まとめ

サッカーでまたぎフェイントには、「シザース」と「ステップオーバー」があり、どちらも相手のバランスを崩すフェイントです。

また、フィールドのどのエリアでまたぎフェイントを仕掛けるか変わってきます。

それぞれに仕掛けるポイントをしっかり判断することが重要です。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング