サッカーでドリブルを1人でもできる練習方法

サッカーにおいて、ドリブルはボールを運ぶという重要なプレーの1つです。

そして、自分のドリブルでチームのピンチを打開できればいう事ありません。

しかし、サッカーのチームに入っていても練習でドリブルだけの練習を何時間もずっとするわけではなく、最初のアップと同じような感じやそれを少しアレンジした練習しかないと思います。

では、ドリブルの練習はどうすればいいでしょう?

答えは簡単です。

チーム練習のない日や練習が終わった後に時間を見つけて練習する事です。

ドリブルの練習は、ボールと少しの場所があれば1人でもできます。

さあ、サッカーで他の子に少しでも差をつけるために1人でもテクニックに磨きをかけるドリブルの練習をしましょう。

まずは、ボールタッチを正確に!

ドリブルの基本は、2つあり、まずはボールタッチがポイントです。

そして、このボールタッチはボールさえあれば、1人で家でもどこでもできます。

もちろん、家では家族や周りの人に迷惑を掛けない事や危険な場所を除いてです。

インステップキックやインサイド、アウトサイドとしっかり左右両足で練習する事です。

それに加えて足裏でもボールコントロールできるようにボールタッチの練習をします。

ドリブルの基本は、細かなボールタッチです。

試合の時に相手のディフェンスは、足元からボールが離れた瞬間を狙ってボールを奪いにくるので、必ず細かな「チョンチョン」というようなドリブルのボールタッチを練習する事です。

インステップやインサイド、アウトサイドの細かなタッチがある程度できるようになってきたら、ボールタッチを組み合わせて練習します。

例えば、アウトサイドタッチからインサイドタッチを同じ足で連続でできるようにしたり、インステップタッチから足の裏でボールタッチしたり、自分なりに組み合わせて練習することも重要です。

1人だから自由に練習する事もできるし、実際の試合ではいろいろな局面がでてくるので、その時に自分で考えてプレーできるようにもなります。

次に、ポイントとなるのが顔を上げてプレーする事です。

よく少年サッカーの小さい子の年代を観ているとボールタッチが気になりドリブルをしていても、目線が下にさがっていて周りが見えていない子がいます。

小さい頃からしっかり顔を上げてプレーする事を身につけることがドリブル練習をする時に併せて気をつけなければいけないところです。

ボールタッチをいかしたフェイント

ボールタッチの練習はそのままドリブルのフェイント練習にもなります。

例えば、インサイドのボールタッチを左右ですると「ダブルタッチ」というフェイントで、アウトサイドでボールを押し出し、その足で瞬時インサイドに切り返すと「エラシコ」というフェイントになります。

他にもインサイドやアウトサイドで切り返しの練習をしたり、高度なドリブルだと足の裏のタッチを使って1回転する「マルセイユルーレット」もあります。

つまり、ボールタッチの練習をする事でフェイントの高度なテクニックも付いてくるので1人練習でも十分周りの子に差をつける事ができます。

フェイントについては、相手がいた方がより実戦で使うための練習になりますが、1人での練習でも自分が仕掛けるタイミングや間合いをイメージして練習する事も重要です。

まとめ

サッカーにおいて1人でもドリブル練習をする事は、周りの子にも差をつける事ができます。

ドリブルの基本はボールタッチなので、ボールと少しのスペースがあれば1人でも練習できます。

まずは、細かなボールタッチをインステップやインサイド、アウトサイド、足裏などしっかり顔を上げた状態でプレーできるようになる事です。

そうするうちに、1人でもチームのピンチを打開できるようなテクニックが身に付いてくると思います。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!