わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾【レビュー】特典付き

私は、地元で少年サッカーのコーチをしています。

子供達の試合を見ていて、よくこのような場面を目にする事があります。

「ゴール前の決定的なチャンスにパスを選択する選手」もちろん、ゴール前の大切なチャンスに少しでもゴールの確率が高い方を選択する事は理解できます。

しかし、パスをカットされチャンスを失った上に相手のカウンターまで、逆に自チームのピンチになる事もあります。

この場面、パスではなく、積極的にドリブルで仕掛けられる選手はどれくらいいるでしょうか?

特にゴール前で仕掛ける事は、相手にとっても嫌な場所で、しかも1対1なら相手を躱す事ができれば、いっきにゴールへの確率も高くなります。

日頃からチーム練習でドリブルの練習を取り入れていないわけではありません。

練習では、どの子も上手にドリブルの練習をこなしています。

しかし、これが試合で活かされる事がなく「練習上手」で終わってしまっていたのです。

皆さんのお子様は、ドリブルを選択し、勝負を仕掛けられる選手でしょうか?

少年サッカーにおいては、8人制サッカーに変わりフィールドでの1対1の場面が多く見られるようになりました。

もちろん、パスも重要な選択肢ですが、サッカーはパスだけでは勝てません。

大事なところでドリブルで仕掛ける技術も必要です。

そして、そのドリブルで仕掛け、相手を躱すプレーが身に付くのが、この教材です。

「練習上手」からの卒業!

子供達の練習には、いつもドリブルの練習も取り入れていました。

ドリブルがいかに重要かという事は、私も理解していましたし、少年サッカー世代は特にいろいろな事を「即座に習得」できる年代です。

そのためドリブルについて意識はしていましたが、しかし、それが実際の試合でどれくらい有効に使えるのかというところまで意識していませんでした。

ある時、たまたま目にした「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」という教材に出会って大きく練習方法が変わりました。

今までは、自分の経験やサッカーの練習本を見ながら練習を考えていました。

ドリブルの基本は、「ボールタッチ」からなのでアップからボールタッチについて、子供達に細かく指導して、もちろん両足でボールコントロールできるようにと教えていました。

そこから、コーンやマーカーを使って、インステップなど足のいろいろな所を使ってドリブルをする練習など、いろいろ考え子供達もしっかりその練習を続けてきました。

実際、このような練習をしている指導者や子供の自主練習に取り入れている保護者の方も多いのではないでしょうか?

実は、これがドリブルを苦手にするキッカケになると気付く人は少ないと思います。

この「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」でも同じような練習がありますが、練習をする意識が全く違うものでした。

私が教えていたドリブルは「ただ、ドリブルの練習」でした。

分かりにくいかもしれませんが、私の指導ではドリブルの基本技術は確かにうまくできるようになり、現に練習でうまい子がたくさんいました。

しかし、「練習」というところで技術が止まっていて、よく耳にする「練習上手」という状態になっていました。

それに比べて、「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」は、常に「実戦を想定」=「試合で使える」を意識した練習内容でいかに試合で使えるかにこだわったものでした。

私もドリブルの練習をさせていて、しっかりできている子供達を見て、これで大丈夫だと思い込んでいました。

でも、実際の試合では「相手」がいるという点が大きな違いです。

コーンやマーカーを前に、うまいドリブルをしても実際の試合では相手がいます。

もちろん、私も練習内容に「対人練習」を入れていないわけではありませんが、そこに「実戦を想定する」という意識が少なく、ただ動きやタイミングを覚えてもらえればというところがありました。

そのため、練習ではうまくできていたドリブルが、実際の相手を前にうまくできず、ミスを繰り返してしまうと自信を失っていき、ドリブルで仕掛けるという選択がどんどんなくなってしまいます。

「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」は、普段の練習から実践を意識した内容なので、子供達も練習と同じ気持ちでリラックスしてプレーできるようになります。

この点は、「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」を作っているJSC CHIBAの川島和彦コーチの長年の経験と多くの子供達に接してきたからこそ分かるところではないでしょうか。

チームを勝利に導く選手に!

JSC CHIBAの川島和彦コーチが長年の経験とこれまでたくさんの子供達と接して来て作り上げた「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」という教材は非常に充実した内容になっています。

これだけの多くの経験が6枚のDiscに凝縮されているのです。

Disc1では、ドリブルの間合いやタイミングを攻撃側と守備側で解説されています。

間合いやタイミングは子供達も自分にあった感覚がありますが、それを見つけるためのキッカケを与えてくれる内容になっています。

相手との間合いを取るためのボールの動かし方やディフェンスをする時の相手との距離感や体の入れ方などたくさんの子供達を見ている指導者だからこそのアドバイスになっています。

Disc2では、2対2での動き方を説明した内容になっています。

ここも実際は「1+1対1+1」という表示で2対2という状況を表していて、いかに1対1という状況の仕掛けにこだわっているかというのが分かります。

実際の試合での1対1での状況や2対1、2対2など1人の仕掛けに対して2人目の動き「チャレンジ&カバー」について攻撃として仕掛けた場合と守備として仕掛けられた時の動きを解説されています。

Disc3では、ボールの扱いや身のこなしを覚えるためのドリルになっています。

ドリブルでの仕掛けはもちろん、サッカーでの様々な動きを入れたアップからインサイド、アウトサイド、足裏などを使ったボールコントロールのドリルになっています。

ここでは、コーンを使った練習をしていますが、私たちが練習に取り入れているコーンのドリブルと少し違って、特にドリブルのスピードにこだわった内容になっています。

Disc4では、体重移動についての内容です。

体重移動については、攻撃の場合は「相手を動かす」=「重心を崩す」というのが仕掛けるタイミングで相手が重心を崩したところを重心のかかっていない方へ躱し、守備の場合は、相手の動きに合わせて体重移動をする事になります。

ここでは、サッカーの動きにかかせない体重移動を強化するためのステップやダッシュなど豊富な経験があるからこそ分かるポイントを説明した内容になっています。

Disc5では、ミニゲームをしながら有効な仕掛け方を説明した内容になっています。

テーマとして斜め45度からの突破という内容になっています。

簡単に言うとサイドから切り込んでいくドリブルをイメージすると分かりやすいと思いますが、サイドから切り込んだ場合、中に入り込むドリブルと縦に抜けるドリブルです。

特に少年サッカーは、8人制に変わりフィールドが狭くなり、このような仕掛けが非常に多くなるのでそこを活かせる内容になっています。

Disc6では、川島和彦コーチのインタビューになっています。

これまで長年培ってきた経験をもとに、フェイントの考え方やドリル練習の考え方、家でできる練習方法やなぜドリブルが重要なのかというドリブルの重要性などを説明しています。

基本的に選手に考えさせて自主性を尊重する指導をしているという事です。

子供のサポートをしてあげたい!

私も子供達にサッカーを指導していますが、練習に対して考えが甘かったなと思っています。

毎回練習を考えて子供達に練習をさせ、その練習がうまく流れたら「今日の練習は充実していたな」と勘違いしていました。

これが子供達を「練習上手」にさせてしまっていた原因でした。

もちろん試合に活かせる練習を考えていますが、それをいかに実戦に近い状況で練習させるかというのが重要で、子供達には練習を参考に実戦で臨機応変に対応できるスキルを身に付けてもらう事が重要でした。

多くの保護者の方が、「自分の子供はなんで活躍できないんだろう」や「更に上を目指して頑張って欲しい」と思っていると思います。

ぜひ、その時は川島和彦コーチが長年培ってきた経験と実績の詰まった「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」を検討してみてください。

練習に対する子供達の考え方はもちろん、サポートする保護者の方も子供と一緒に観る事で意識が大きく変わると思います。

どのような指導をするか迷っている現役指導者や子供のサポートを何かできないか困っている保護者の方は、この教材は購入から90日間は理由も問わずに返金保証もついているので試されてみてはいかがでしょうか?

オリジナル特典のご案内

オリジナル特典その1
『試合で大活躍できる!サッカー上達のコツ20』

オリジナル特典その2
厳選電子書籍 30冊セット

オリジナル特典その3
超優良級 電子書籍

※上記の特典をすべてプレゼントしています。

当サイトオリジナル特典の詳細はコチラをご覧ください⇒オリジナル特典の詳細







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング