少年サッカーでスピードを活かすトレーニングの方法

少年サッカーの試合で前にボールを蹴りだし、スピードのある選手が追いかけてゴールというシーンをよく見る事があります。

特に少年サッカーでは、8人制のためスピードのある選手が走り込むスペースがたくさんあります。

もちろん少年サッカーだけではなく、スピードを活かしたプレーは非常に有効な手段でもあります。

では、そのスピードを活かすためにどのようなトレーニングをしたらいいでしょうか?

スピードだけに頼り過ぎない!!

短距離走が速ければ、前に蹴ったボールを追いかけてチャンスを作ったり、スピードの速いドリブルで相手を引き離したりする事ができます。

しかし、それがすべてに通用するわけではありません。

ただ「足が速い」=「スピード」ではなく、もし相手チームに自分と同じく足の速い選手がいたり、それ以上の選手がいた場合は、ただ走るスピードが速くても通用しません。

サッカーでは、「瞬発力」や「一瞬の判断力」も必要になり、それは少年サッカーからトレーニングをして身に付けたい技術です。

足は、そこまで速くないのに相手を簡単に躱せる選手、逆に足が速くてもボールコントロールがうまくできない選手など一概に足が速い選手に勝てないと言う訳ではないのがサッカーの面白いところです。

足が速い選手は、自分のスピードでドリブルができるようにトレーニングする必要があるし、足のあまり早くない選手でも相手を躱す瞬間のスピードのトレーニングをする事で相手を上回る事ができるようになります。

スピードを活かすトレーニング!!

それでも少年サッカーでは足の速い選手は、大きな戦力になります。

そのため、自分のトップスピードでドリブルができるようにトレーニングをしなければいけません。

ドリブルの基本は細かなボールタッチですが、それは相手が近くにいる場合で、自分の前に大きなスペースがあり、相手を振り切る場合は少しタッチの大きなドリブルを使います。

例えば、ジグザグにコーンの間を5mと1mで交互に並べて、5mではタッチの大きなドリブル、1mでは細かなタッチのドリブルをするトレーニングも有効です。

5mではいかに少ないタッチで抜けられるかが重要で、ドリブルのタッチが正確にコントロールされていないと自然にボールタッチ数が増えてしまいます。

しっかりスピードの中にもボールタッチの正確性が必要なトレーニングです。

次に足のあまり速くない選手でも「瞬発力」や「一瞬の判断力」で相手を躱せます。

例えば、コーンを5m間隔に並べてドリブルをします。

そして、コーンを躱す瞬間の2、3タッチでスピードを加速するを繰り返します。

最初は、ボールを使わず体の動きだけでトレーニングしてスピードを上げるタイミングを覚える事が重要です。

いくらフェイントをかけても大事なのは相手を躱す瞬間なので、仕掛けるタイミングを見てしっかり加速する事が大切です。

そして相手を躱した後も相手は追ってくるので、しっかり自分の体をボールと相手との間に入れる事がポイントです。

まとめ

少年サッカーにおいて、スピードのある選手はチームの攻撃のポイントにもなります。

しかし、スピードだけで相手を圧倒できるわけではなく、そこにしっかりとした技術を身に付ける事で更に有効な手段になります。

そして、足の速い選手だけではなく、仕掛ける時の一瞬のスピードでも相手を躱す事ができます。

いづれも試合で活かせるようにトレーニングする事でチームの勝利に大きく貢献できることでしょう。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング