サッカーで重要なファーストタッチの練習方法

最近はテレビでもJリーグや海外のサッカーの試合を見ることができます。

それだけ、いろいろなサッカーのプレイスタイルを目にすることができます。

その中で、日本の試合と海外の試合では選手のボールコントロールに違いがあるように感じます。

ファーストタッチの考え方!!

サッカーで、ボールを止めることを「トラップ」と言います。

自分に来たボールを足元にしっかりコントロールすることは、とても重要なことです。

同じように、サッカーで「ファーストタッチ」をしっかりするようにと指導者が教えると思います。

「トラップ」と「ファーストタッチ」実際のところどう違うのかと迷う人もいるのではないでしょうか?

まず、「トラップ」と言うのは自分のプレーをするため、ボールを受けて(止めて)次のプレーに移行することです。

そして、「ファーストタッチ」は、同じように自分のプレーをするために動きながら流れの中でボールをコントロールして次のプレーへ移行することです。

同じように感じるかもしれませんが、ボールを止めてコントロールするか、動きながらそのままコントロールするか大きな差があります。

これが、日本と海外のサッカーの違いと言ってもいいかもしれません。

日本の選手もボールコントロール技術は非常に高く、正確にコントロールし試合を組み立てていきます。

日本の技術もこのように非常に高く海外のチームと互角に渡り合うことができていますが、あと1歩のところで敗れてしまいます。

この差が「トラップ」と「ファーストタッチ」の差ではないかと考えます。

日本の選手は、パスを受けてボールを次のプレーに繋げられるようなところに正確にコントロールしてプレーするのに対し、海外の選手は自分の足元でボールを受けるというよりは次のプレーができるところにタッチで流しているという感じです。

日本の選手が「パス」-「止める」-「次のプレー」に対して、海外の選手は「パス」-「流す」-「次のプレー」と「止める」と「流す」では次のプレーに移行するためのプレーが海外の選手の方が速いのです。

これは、日本と海外のチームの試合を観るとよくわかります。

この海外のプレーだと日本では、「しっかり止めなさい」とか「コントロールが大きい」と怒られるようなプレーですが、私はここに海外との差を感じます。

ファーストタッチの練習!!

対面でパスの練習をする時に、パスを受ける側はボールを次のプレーがスムーズにできるところにボールを受けてコントロールします。

もちろんこの技術も重要なプレーですが、そこに少し動きを加えて練習するようにします。

対面パスと同じ要領で、ただ自分の周りにコーンやマーカーなどを並べます。

そして、ボールを受ける時にイメージは少し大きなトラップをするような感じでワンタッチで自分の次のプレーに繋がるようなところにコントロールする練習をします。

このプレーに大事なのは、ボールコントロールが少し大きくなります。

そのため、周りの状況をしっかり把握することが必要なので、ボールを受ける前にしっかり首振りを入れます。

まとめ

サッカーにおいて、トラップというボールを止めてからコントロールするという技術もとても重要なことです。

ただ、ファーストタッチという技術も今の日本には必要な技術で取り入れていかなければいけない技術だと感じます。

日本の選手はとても器用なので、このトラップとファーストタッチの技術の組み合わせが更に上を目指すために必要ではないかと感じます。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング