サッカーでGKとの1対1で決めるコツ

サッカーにおいて、ゴール前のGK(ゴールキーパー)との1対1では決めて当然のような感じがありますが、一番緊張しプレッシャーがかかる場面ではないでしょうか?

相手の守備を攻略して、GKと1対1になった瞬間はサッカーを見ている人たちを引き付ける瞬間です。

GKとの1対1は、サッカーではPK(ペナルティーキック)と同じように圧倒的に、攻撃側の得点が期待されますがGKも簡単に失点するわけにはいかないので全力で抑えにきます。

こうなれば、もちろん運もありますが一番は日頃からゴールを決めるためのトレーニングをしっかりとして技術を身に付けているかが重要です。

GKとの距離感を見極める!!

サッカーでGKとの1対1の場面では、大きく2つのパターンがあります。

ある程度相手との距離を保ちシュートに備えて構えているGKと相手との距離を飛び出して一気に縮めてくるGKです。

相手と距離を保つGKなら攻撃側も少しはプレッシャーが緩いのでコースを狙ったりする事もできます。

しかし、GKもしっかり構えてシュートに備えているため、コースが甘ければ防がれてしまうし、時間を掛けていると、折角作った1対1もあっと言う間にディフェンスからのプレッシャーを受けてしまいます。

また、飛び出してくるGKについては、相手との距離が一気に縮まるため、あっと言う間にプレッシャーがかかり、シュートのコースも無くなってしまします。

そのため、サッカーでGKとの1対1で重要なのは、GKとの距離感をしっかり把握する事が重要です。

シュートのポイント!!

GKとの距離でシュートの仕方も考えなければいけません。

構えているGKに対しては、しっかりコースを狙ったシュートでなければ防がれてしまいますし、さらにゴールに向かって角度があればシュートコースも狭くなります。

構えているGKに対しては、シュートを打つためのコースを作ります。

コースを作るというのは、「GKを動かす」という事です。

正面に構えているGKに、正面からシュートに行ってもゴールの確率は低くなります。

この場合、ディフェンスにフェイントをかけるのと同じようにGKにもフェイントをかける事がポイントです。

シュートフェイントや大きく左右へ動く切り返しなどでGKを動かしてシュートコースを作ります。

また、飛び出してくるGKに対しても接近する距離感が重要で、近くに詰められるとシュートコースは無くなってしまうので、その前に仕掛けたいところです。

接近する前に同じようにGKを動かすようなフェイントを仕掛けてコースを作ります。

シュートを狙うポイントについては、GKからすると両手を広げて肩の高さから腰の高さが、一番ボールへの反応がよくセービングしやすい所です。

そのため、シュートはこの高さを外した、低いゴロや高いボールをインフロントキックでゴールにカーブを掛けるように蹴るのが有効です。

まとめ

サッカーでGKとの1対1で決めるコツは、GKとの距離感が一番重要でいかに自分がシュートを打つコースを作る事ができるかがポイントになってきます。

GKに対してもただシュートをするのではなく、フェイントを使ったりしてGKを動かし、GKの苦手なシュートコースを塗らう事がゴールの確率を上げる事になります。

サッカーでは、GKの1対1は見せ場です。

ここをしっかり決める事がチームの勝利へと繋がります。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!