サッカーでいろいろなテクニックを向上させる方法

サッカーをしていてテクニックを向上させたいと考えるのは当然です。

世界の素晴らしいプレーをみてマネしてみたいと思うことがあると思います。

サッカーでテクニックの向上には、この「マネしてみたい」という気持ちがとても重要です。

基本はボールタッチ!!

サッカーでテクニックを向上させるには、単純にボールに触れることです。

足技などテクニックで言うとブラジルなどの南米の選手が圧倒的にうまいです。

彼らは本当に小さい頃からサッカーに触れていて、遊びと言ったらサッカーというように朝から夜暗くなるまでサッカーをしているようです。

国を挙げてサッカーに親しんでいて彼らの生活の一部になっています。

日本も今では当たり前のようにサッカークラブなどもあり、サッカーを身近に感じるようになってきましたがまだまだです。

今では日本にもプロチームができたので、プロを目標にする子供も多くなってきましたが、南米の子供達は、家族の生活を支えたいと小さい頃からプロを意識してサッカーをしています。

やはり、サッカーへの取り組みから気持ちにもまだまだ日本との差があるように感じます。

何度も言うようにサッカーのテクニックの向上はボールタッチです。

南米では、荒れた土地や路地、また裸足でプレーしたりしているので非常に優れたボール感覚が身についているのではないでしょうか。

日本でも同じようにする訳ではなく、この素晴らしい環境が整った状況があるのに慣れていないでしょうか。

日本人選手でも世界で活躍する選手がたくさん出てきています。

彼らのテクニックも世界に引けを取りません。

彼らの話を聞いても、家の庭や家の中、寝ている時も食事の時もボールに触れていたと言う選手もいます。

ボールタッチは、1mでもスペースがあればできる練習です。

左右両足でのコントロールはもちろん、いろいろな部分でボールをコントロールしてボールタッチを生活の一部に入れることでテクニックは向上すると考えます。

チャレンジ精神!!

今ではたくさんの素晴らしいプレーを見ることができます。

見たことを挑戦したいという気持ち「チャレンジ精神」はテクニックの向上には絶対に必要です。

見たことを練習して、試合に使ってみて成功したら「もっとうまくできるように」やミスをすれば「なぜミスをしたのか」考えることです。

そしてミスをするから、ミスをする確率が高いからとミスを怖がるのではなく、ミスしても挑戦していくことが重要です。

指導者もミスを責めるのではなく、挑戦したことを褒めた上で、次に成功できるようにアドバイスをすることが指導者の役割だと考えます。

まとめ

サッカーでテクニックを向上させるためには、まずボールに触れることが一番方法です。

ボールタッチは、少しのスペースや時間でも、できるサッカーの練習です。

ボールタッチを生活の一部にすることでテクニックの向上になります。

また自分が練習したことは、積極的に試合でチャレンジすることが大切で、指導者はそれを見守りアドバイスなど導いていくことが重要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!