サッカーにおいてフェイントをうまく仕掛ける間合いのコツ

サッカーにおいて、パスやドリブルは試合を組み立てるうえで、いかにシュートまで繋いでいくことができるか重要な手段です。

パスを繋ぐのが主流になっている現代のサッカーにおいても、それぞれの場面で相手と勝負をしなければいけない場面もあり、ドリブルでフェイントを使って相手に仕掛けるのは必要な事です。

それでは、どのような場面でどんなフェイントを使って仕掛ける事ができるか、また相手に仕掛ける間合いのコツを考えてみたいと思います。

場所に応じて仕掛け方を変える

サッカーの広いコートでは、その場所にあった相手への仕掛け方があります。

サッカーコートを3つの場所に分けて仕掛け方を考えることができます。

基本的には状況に応じて、臨機応変に対応する事が重要ですが、ここでは仕掛けるスペースなどを基に考えてみたいと思います。

まずは、サッカーにおいては最も注目されるゴール前のエリアですが、ここは、ディフェンスやゴールキーパーがいてプレーできるスペースが狭く限りがあり特に警戒しているエリアです。

このため、ゴール前で仕掛けるには足元のテクニックを使ったフェイントやキックフェイントなどいかにシュートに行くまでにスムーズに移行できるかという仕掛け方になります。

次に、中盤のセンターラインを越えた辺りでの仕掛け方ですが、ここでの仕掛け方は、いかにゴールの近くまでボールを運んで行けるかというのが重要になります。

それに併せて、もしここで奪われてしまえば、自分もチームにもピンチを招いてしまうのでスピードをいかしたフェイントや無理をしないような方向転換などのフェイントを使う事になります。

そして、タッチライン沿いの仕掛け方ですが、ここでも動けるスペースに限りがありますが、ただここのエリアではサイドから相手の守備を崩すというエリアでもあるので、スピードの緩急を使ったフェイントを使って仕掛けたいところです。

フェイントを仕掛ける時の間合い

このように、サッカーコートを3つの場所に分けて考えた時に、それぞれのスペースで有効なフェイントで仕掛ける事が重要になります。

では、そのフェイントを仕掛ける間合いについてですが、まず、ゴール前で仕掛けるフェイントの間合いを考えてみます。

まずは、足の動きや体の動きを使ったフェイントで相手を動かし、相手の動いた逆のスペースを狙って抜き去っていきます。

ここでの間合いですが、ディフェンスと正対する事が多い場面なので、特に仕掛ける際のボールの位置には気をつけたいところです。

ディフェンスは、相手からボールが離れた瞬間を狙ってボールを奪いにくるため、間合いが近すぎるとすぐに足を出されてしまいます。

逆に、ディフェンスとの間合いが遠ければ、フェイントを仕掛けても距離があるため有効に仕掛ける事ができないので、日頃の練習から相手を付けた1対1のフェイントを使った練習をする事で、自分の間合いを見つけることです。

中盤のスペースに関しては、相手もまだ積極的にプレッシャーを仕掛けてこないパターンと相手も奪えればチャンスになるので積極的に仕掛けてくるパターンとあります。

相手が仕掛けてこない場合は、相手との間合いを詰めながら積極的に仕掛けてゴール前まで、少しでも近づく事です。

相手が積極的に仕掛けてくる時は、奪われればピンチになるので相手との間合いを作りながら無理をせず、ターンなど方向転換をして味方に戻したりする事です。

最後にタッチライン沿いの仕掛け方ですが、ここでは縦のスペースをいかして仕掛ける事ができます。

相手との間合いを計り、スピードの緩急を使った仕掛けで相手コート深くに切り込んでいく事を求められます。

相手が寄せてくる間合いを計り、スピードを落としたり、止まろうとしたりして、相手がスピードを緩めた瞬間にトップスピードで縦のスペースに抜け出すフェイントが有効です。

まとめ

サッカーにおいてフェイントをうまく仕掛ける間合いのコツは、サッカーコートそれぞれのスペースに応じたフェイントの仕掛け方やフェイントに応じた間合いを取る事が重要です。

日頃の練習から1対1の取り組みやボールタッチなどテクニックについてもしっかり身に付けて自分の得意とする相手との間合いを見つける事が重要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!