少年サッカーにおけるトラップ練習の方法

サッカーにおいてボールを止める「トラップ」は、少年サッカーからしっかり練習しておきたい技術です。

トラップがうまくできなければ、その次の動きにも影響してきます。

例えば、トラップからのシュートやパス、ドリブルなどサッカーの一連の動きのスタートがトラップになります。

では、少年サッカーではどのようなトラップの練習をしていけばいいでしょうか?

トラップの種類

基本的に使うトラップが、「足」、「もも」、「胸」です。

この他にも腕や手などハンドのファウルにならない所以外の場所でボールをトラップしてもいいですが、少年サッカーにおいては、まずこの3ヵ所のトラップをしっかり練習する事です。

まず、足のトラップですが、インステップ、インサイド、アウトサイドどこでトラップする時も足のクッションを利用します。

ボールを蹴る時は、足首をしっかり固定して蹴りますが、トラップはその逆でいかにボールの勢いを抑えるかが重要になります。

そのため、少し足首の力を抜いてボールを受けます。

その時に、浮いているボールでもゴロのボールでも足元で待って受けるのではなく、少し足を前に出してボールに触れる瞬間に少し自分の方へ足を引くような感じでボールを受けます。

この動きが更にクッション性を高めてボールの勢いを抑える事ができます。

次にもものトラップですが、自分の腰くらいの高さにボールが飛んできたり、バウンドしたりした時に使うトラップです。

もものトラップも足と同様にボールに対してももで迎えに、受けた瞬間に少し引くようにするとうまくトラップする事ができます。

胸のトラップについては、顔に近い高いボールをコントロールするため恐怖心もありますが、基本的には他のトラップと同じで胸を軽く反らしてボールを迎えにいき、胸に当たる瞬間に少し上にあげるイメージになります。

胸の真ん中でトラップをすると痛いですが、少し左右にずらして筋肉のあるところでトラップするといいです。

トラップの練習方法

トラップの練習方法についてですが、2人以上いればボールを投げてもらい練習する事もできますが、1人の場合は自分で上に投げたり、壁を利用するといいと思います。

足のトラップについては、壁にボールを当て跳ね返ったボールをインステップ、インサイド、アウトサイドでトラップをする練習です。

これなら蹴る練習にもなるのでいいと思います。

ももや胸については、自分でボールを上に投げて落下地点に動きトラップしたり、壁にボールを投げて跳ね返りをトラップするのもいいと思います。

ただ、少年サッカーの時から単純にボールを止めるだけではなく、慣れてきたら次の動きに繋げるトラップをする練習をする事です。

例えば、足の場合、跳ね返ってきたボールをトラップして蹴り返す時に、左右どちらの足で蹴るかをイメージしてトラップをその蹴りたいところにコントロールしてボールを完全に止める事なく次の動作に繋げるように練習します。

蹴るだけのイメージではなく、マーカーがあればそれを相手だと思い、ワントラップで相手を躱すイメージの練習をする事もいいと思います。

これは、ももや胸トラップでも同じです。

トラップから次の動作へスムーズに動けるように少年サッカーから練習する事が重要です。

まとめ

少年サッカーにおいて、トラップは基本的な動作で最も重要な動きです。

ボールをまず「止める」=「トラップする」をしっかり練習し、その次に次の動作へスムーズに移行できるようなトラップの練習をしていかなければなりません。

単純なようで最も重要な動きなのでしっかり少年サッカーの練習から身につけていきたいです。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!