サッカーでゴール前で仕掛けるフェイントのタイミング

サッカーにおいてゴール前は、チームの勝敗を左右する重要なエリアです。

ここでの勝負がチームの勝利や敗退に繋がり、攻撃側にとっても守備側にとっても最もする集中するところです。

最近は、パスサッカーが主流になっていて、ゴール前でも確実に点をとれるポジションの選手にパスを繋ごうとします。

パスももちろん重要ですが、このゴール前のエリアでは積極的にドリブルで仕掛けてフェイントで勝負をする事も重要だと思います。

ゴール前ではどのようなフェイントが有効で、そのフェイントを仕掛けるタイミングは!

ゴール前でのフェイント!

ゴール前でのフェイントについては、時間をかけずシンプルなフェイントを仕掛ける事が必要です。

ゴール前では、相手の守備も人数をかけて守りに入るため、ここで時間をかけた攻撃をしていると相手の守備にかける人数も増えてきます。

いかに人数の少ない時に勝負をしかけてゴールへ繋げるかが重要になります。

そうなると必然的にスピードに乗った状態で仕掛ける事ができるシンプルなフェイントが有効になってきます。

例えば、重心移動のマシューズフェイントや跨ぎフェイントのシザースなどは、相手の一瞬のスキをついて仕掛けてスピードもあげられるので有効なフェイントです。

相手もゴール前まで入り込まれたくないので簡単なフェイントに過敏に反応します。

そこで相手の足が止まったり、重心がズレた時が仕掛けるタイミングです。

ドリブルでゴール前まで切り込んできた時に、切り返しなどのターンやスピードの緩急をつけたフェイントもゴール前というエリアではとくに有効です。

相手もドリブルだけでなくシュートやパスも警戒しているので、振り切られないようについてくるため、そこに切り返しやスピードの緩急を入れる事で、他のエリアで同じフェイントを仕掛ける時より、このゴール前のエリアでは有効です。

そしてこのゴール前のエリアだからこそ有効に使えるフェイントとして、シュートフェイントがあります。

ゴール前で、一番警戒するのがシュートです。

シュートを打たせないように守備も必死なので、シュートを打とうとすれば、体を張って止めにきます。

そのため、それを利用してシュートを打つふりをして、相手を躱して更にゴールへ切り込んだり、相手を振り切ってシュートを打つ事ができます。

ゴール前だからこそ勝負

ゴール前だからこそ勝負を仕掛ける絶好のタイミングです。

守備側は、ペナルティーエリアに侵入されると更に守備を積極的にしにくくなります。

ペナルティーエリアでファウルを犯してしまえば相手にペナルティーキックが与えられてしまうからです。

同じようにゴールに近いところでファウルをしてしまえば、フリーキックになります。

守備側は、できればそれらのピンチは避けたいため、その前に積極的に奪いにきます。

だからこそゴール前では攻撃側は積極的に仕掛ける絶好のタイミングなのです。

まとめ

サッカーにおいてゴール前というのは、攻撃側にとっては積極的に仕掛けなければいけない場所です。

ゴール前だからこそ相手も少しの動きに惑わされるため、そこで相手が動いたタイミングでフェイントを仕掛けて抜き去ったり、シュートへと繋げる事ができます。

このチャンスを逃さないようにしっかり日頃から練習する事が重要です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!