少年サッカーにおける試合での指導のポイント

最近は、少年サッカーでもかなりレベルの高い試合が展開されます。

そこには、セレクションによってえらばれた子供が集まるクラブチームやサッカー経験豊富な保護者なども増えてきて子供達を指導したりしているので地域の少年団も力をつけています。

このため指導者も勝ちたいという気持ちと自分がプレーをしていたという事もあって子供達の試合中のミスに対して厳しい声を耳にする事もあります。

もちろんこう言った場面で力が入るのもわかりますが一番冷静にならないといけないのが指導者です。

試合こそ練習のような雰囲気で!

少年サッカーでも指導者は試合になると周りの雰囲気や勝ちたいという思いが強くなります。

しかし、一番気持ちが入っているのはプレーする子供達です。

それは、緊張や会場の雰囲気、試合に勝ちたいなど子供達の方がたくさんの気持ちの中で過ごしています。

少年サッカーでよく見る試合前のアップの風景で、指導者が子供達にこと細かく指示を出し、普段の練習では、やった事がないのではないかというアップをさせて子供達が戸惑ったりしてるのを見る事があります。

どの年代のサッカーでもそうですが、まだ経験の浅い少年サッカーでは、いかに子供達をいつも通りの状態で試合に送り出すかという事が大切だと思います。

そのためには、指導者は特に指導をせず、いつもやっている事を子供達が自分達で進んで取り組む流れが大切だと思います。

指導者は、それをしっかり見守り体調不良ではないかはもちろん、子供達が普段通り動けているかを確認し、うまく動けていないようであれば声を掛けて指導してあげるというのが大切です。

何度も言うように少年サッカーにおいて試合という特殊な状況の中こそ、いつもの練習をする事が大切で試合会場でいつもと違う指導をすれば、逆に子供達を不安にさせるだけです。

試合こそポジティブな指導!

少年サッカーにおいてもどんどんレベルが上がっているため1つのミスが原因で負けてしまうという事もあり、指導者の試合中の指導にも力が入るのもわかります。

しかし、試合という緊張の中でプレーしている子供にミスを注意するという指導は逆にプレッシャーを与える事にもなりかねません。

少年サッカーにおいては、なぜそのようなプレーをしたのかやミスをした原因を子供達に問いかけて答えが返ってくるのを待ちます。

そして、子供達の意見も踏まえながら指導者は「こうすればよかった」と答えをだすのではなく、「こうしたらどうなっただろう」と子供達に問いかけていろいろな状況を子供達に想像させる指導が大切です。

試合という限られた時間の中で、こういう指導は難しいと思いますが、このように限られた時間の中だからこそ子供達に考える時間を与えます。

そういう指導をする事で試合の中で状況に応じて子供達が自分でプレーを考える力が付きます。

応援している保護者の中でもサッカー経験のある保護者も多くなってきて、指導者より大きな声で子供に指示している姿も見かけます。

応援に力が入るのもわかりますが、指導者にしっかり任せて保護者は、それをサポートし優しく見守る事が大切です。

まとめ

少年サッカーにおいて、試合の際は子供達がいつも通りのプレーができるように導く指導が大切で、勝ちこだわり熱くなるのではなく、常に子供達の成長を考えた指導が大切です。

また、保護者もしっかり指導者をリスペクトして子供達の成長を温かく見守りサポートしていく事が大切です。






※上達したいサッカー少年や子供にサッカーを教える立場のコーチ・親御さんへ
>>勝ちにこだわる指導法&練習方法を完全公開します!