少年サッカーにおける楽しい練習方法

試合で勝つためには、ボールを蹴る、止めるなど基礎練習や走るための体力が重要ですが、毎日この練習を繰り返ししても子供達はすぐに飽きて苦痛と感じてしまいます。

ただ、この練習が子供達に大きく影響します。

では、子供達を飽きさせずに楽しく練習させるにはどうすればいいでしょうか。

練習の内容にゲーム性を持たせる事

少年サッカーの練習だと、だいたい一時間半から二時間くらいですがこの間子供達に集中させることは非常に難しいです。

ずっと緊張感を持った練習ではなく所々にゲーム性を持たせることが子供達の緊張もほぐれて練習に集中できるようになります。

例えば、走る練習もただグランドを走り続けるだけではなく、チームでリレー形式にしたり、その中でもドリブルや二人三脚などのオプションを与える事で子供達は楽しむ事ができます。

学年によっては走る距離なども考慮して、鬼ごっこ形式にしてあげたりみんなが楽しめるようにする事が重要です。

蹴る練習についてもボールをただ蹴るだけではなく、コーンを的にして当てた距離を競うゲームにしたり、ボールを蹴って相手がボールを止めた場所(足裏、インサイド、胸トラップなど)によってポイントを競うようにしたりすることで楽しませる事もできます。

一つ一つの練習の間にゲーム性を持った練習を入れる事で、みんなで楽しみながら、今行った練習の確認ができます。

そして一つの練習から気持ちをリセットし、スムーズに次の練習に入る事ができるのです。

また、ゲームを通してどうしたらうまくできるか、相手に勝つ事ができるか、自分で考えるようになり、チームの場合はみんなで話し合うようになります。

ここで気を付けないといけないのは、ゲーム性を持った練習でも子供達同士を競わせる事になるので、次第に子供達も熱くなってきます。

子供達の間で揉めたりしてしまったら意味がないので、子供達の様子をしっかり見て必要ならゲームの中に指導者も加わって調整することも必要です。

練習を楽しいと思わせる事

なかには難しくうまくいかない練習もあります。

イメージというのは重要でうまくできなっかた練習は、その後の練習にもずっと気持ちや表情に表れてしまいます。

「できない=ダメだ」と思わせるのではなく、「できない=もう少し頑張ろう」と思わせるようにする事です。

できない練習を少しづつ頑張ることで「できた=楽しい」に気持ちが変わっていきます。

これが練習の間にゲーム性を入れる事で、子供達に笑顔が出たり、リラックスした雰囲気になります。

嫌々やっている練習は、ただの苦痛でしかなく楽しみながら練習をする事で子供達はどんどん成長していきます。

まとめ

ただ練習をするのではなく、子供達がサッカーの練習は楽しいと思える練習プラン・雰囲気を作る事が重要です。

まず、少年サッカーにおいては、子供達の「楽しい」を育てていかなければいけませんね。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする